--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンドマジック&シェルドランカー インアダ

01:10

遠い遠い北部の海です。

沖に見えるのは安田ヶ島。
安田の海岸01

年末みなさんいかがお過ごしでしょうか?最近なかなか忙しくて更新も遅れがちです。
沖縄は天気も悪くて標本写真も撮るタイミングを逸しており、ネタが尽き欠けてます(T_T)。
ボチボチ行きたいと思いますので、時々でいいですから覗いてやってください。

さて、場所のほうですが、ここは国頭村の安田。最近港整備の一環で作られたビーチのようです。
砂浜にはいかにもサンドポンプくさい打ち上げ帯が幾筋かみえます。
そこにはたくさんの二枚貝にまぎれ私の大好きな巻き貝達が。
安田の海岸02
高いガソリン代払って遠征してきたんですから元をとらjなければいけません。気合い入ってます!!

ここまで来てサンドポンプ採集するのもどうかとささやく声が聞こえてきそうですが。
鬼が出るか蛇が出るか!結果やいかに。
実は後ろのほうが長くなるので、写真の方は無駄話せずにさらっと行きます。
まずはシワカツラガイ、かな。
採集物-シワカツラガイ

サメダカラ。
採集物-サメダカラ

ちょっと小さいナシジダカラ。それでもツヤが残ってる!
採集物-ナシジダカラ

ツクシガイ科のどれか。
ツクシガイ科

イトマキボラ科のなにか。
採集物-イトマキボラ科

アジロダカラ。これもツヤあり!
採集物-アジロダカラ

タケノコガイ科のなにか。
採集物-タケノコガイ科

これは、たぶんクネリクリムシのような気がしないでもないと誰かが囁いています。
採集物-クネリクリムシ?

ツクシガイ科のなにか。
採集物-ツクシガイ科

私個人の感想ですが、ここは打ち上げ採集としてはかなり上等の貝殻が拾えるようです。
模様がしっかり残ってるし、欠けも少ないのが多いです。
かなり興奮しながら無我夢中で拾ったあげく、別の日にまた行ってしまいました(^_^)。どうかしてるゼと私も思います。

ということで、今回特別というか面倒くさいので、2回分の採集結果をまとめて一気に紹介します。

種名はかなり怪しい物が多々あります。ツッコミどころ満載です。バッチこいです!
心の準備はできています。 コメント(p゚ロ゚)==p)`д) ← 私


クズヤガイ スソキレガイ シワカツラガイ?×3 スズメガイ ホシガタフウリンチドリ チリメンフウリンチドリ ホシガタフウリンチドリ
シボリダカラ サメダカラ クロシオダカラ(ノ゚□゚)ノオオゥッ アジロダカラ ナシジダカラ アジロダカラ フロガイ×2
クルマガイ科01 シロスジグルマ×3 タマガイ科01 マンセルタマガイ アマグモダマ ハギノツユ
ナツモモの一種 フクロクジュエビス カネコチグサ ヒメマキアゲエビス サザエ科01 ベニシリダカ? ベニカタベ×3
ノボリガイ×4 ヘソワゴマ シワヘソワゴマ アカベソキサゴモドキ キサゴモドキ 

安田の採集結果01
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

ミツクチキリオレ科 トガリコトツブ?? クダマキガイ科01×2 クダマキガイ科02 クダマキガイ科03 クダマキガイ科04×2
ツクシガイ科01 ナガツクシ×2 ツクシガイ科02 ツクシガイ科03 ツクシガイ科04 ツクシガイ科05 イワカワフデ?
ヒメコンゴウトクサ?? タケノコガイ科 キリガイダマシ科01 イトマキボラ科01×3 イトマキボラ科02
ニシキツノガイ ツノガイ科01 ツノガイ科02 リュウキュウツノガイ×2
安田の採集結果02
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

アッキガイ科01 アッキガイ科02 アッキガイ科03×2 アッキガイ科04 トゲシノブ? トウカムリ科
トウガタオリイレボラ ミノオニムシロ? カタソデトゲヨウラク?×2 アッキガイ科03×2 ヌノメウネコウシツブ アッキガイ科04 
ヨフバイモドキ キビムシロ×4 オカモトムシロ ツクシガイ科07 クダマキガイ科05 ムシボタル チチイロリュウグウボタル
オトヒメイモ ハルシャガイ イモガイ科 コブシドロ 右 オハグロシドロ×2 スイショウガイ科
安田の採集結果03
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

オオシマヒオウギ ハネガイ? オオユキバネ?
シラタマガイ×2 ホソタマゴガイ? スイフガイ科01 スイフガイ科02 クネリクリムシ?? トノサマクリムシ×2
シロコトクサバイ×2 クリイロケシカニモリ科? フシカニモリ? ムシロガイ科  ヒモカケシリキレボラ
安田の採集結果04
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

フー(;-_-) =3 種名書くだけでも半日かかりました。
いかがでしたか?ちょっと上等な感じが伝わりましたでしょうか?
大好きなノボリガイもたくさん拾えたし、クルマガイ科も名前はわかりませんが、いい感じです。
そして、なんと言ってもクロシオダカラにナシジダカラ!どちらも初物ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ
クロシオダカラはちょっと欠けてますがそれでもかなり模様が残ってます。
2回行きましたが、採集時間はそれぞれ2時間程度。それでこれだけ拾えたとなると、あの砂浜全部歩いたら・・・・・グフッ。


そうそう、調子に乗って3回目の安田にもすでに行っています(バカですね)。
リメンバークロシオ!そうはうまくは行きませんでしたけどね。.

安田以外にもとある河川の河口の方をウロウロしています。
安田の採集結果とあわせて、またヒマを見つけてUPしたいと思います。お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    5272様、はまりましたね(゚ー゚)

    あぁ、学名の方は忙しくないときにでも。手を煩わせないよう、ついでの時でかまいませんので。

    蓋の方ですが、この前最後の川で1個体だけ採集したヤツ、その前に案内した川で以前に私が行ったときに採集した奴と、それぞれ蓋を取り出したんですが、うまく取り出せず半分ぐらいになってしまいました(T_T)。
    ただ、乾燥してもあまり白くならず、ほとんど赤茶色なのが謎です。
    記載論文の話になってくるんですね。
    力になれるとは思いませんが、私もネット検索して、もう少し調べてみます。




  2. はらはち | URL | -

    kudamaki さん、突っ込みありがとうございます!

    う~ん、確かに。
    この写真の大きさでは判別するとなると難しいですよね。

    そう!それに色落ちのこともかなり考慮して考えないと、変なことになってしまいますよね。
    とくにツクシガイ科とか、色があったのか元々ないのか考え出すとドツボにはまって遠いところへいってしまいます(T_T)。
    サンドポンプはその辺がやっかいで、私も胃が痛い思いです。
    そんななか、ご指摘いただきありがとうございました。感謝、感謝です。

  3. はらはち | URL | -

    virolさん、こんばんわ。

    virolさんも良く沖縄来られているんですね。
    奥漁港の隣とか存在すら知りませんでした。あの辺の浜も楽しそうですね。
    とにかく奥や安田あたりの東海岸は遠くて遠くて。相当気合い入れていかないと行けませんよね。

    virolさんの沖縄旅行をアシストできるように、穴場の浜を探しておきます!

  4. はらはち | URL | -

    リキシマン さん、こんばんわ。

    ナシジって結構落ちてる貝なんですよね?見かけた記憶すらないんですよねえ。
    なんでだろうと考えたんですが、もしかしたら色の落ちたコモンダカラだと勘違いして拾ってなかったとか、
    私ならやってもおかしくないですね。やりそうで怖い(((;゚Д゚)))

    まあ、何にしろ楽しかったです、はい!

  5. 5272 | URL | zSBTpQ.U

    はらはち様

    学名はわかるかどうかは疑問ですが、しらべてみます。
    ご紹介いただきましたサイトの画像ですが、また困った結果です。
    S.lineata ベッコウフネアマガイはまったく印象が違ってきてしまい
    ましたよ。
    根本から見てみないとわからなくなってきました。
    増田修 日本産淡水貝類図鑑によりますとベッコウフネアマガイの蓋が
    図示されていますから、機会が有れば比べてみて下さい。
    それとS. sp.として図示されていますホソナガフネアマガイは殻頂が前により
    隔板がほぼまっすぐなので区別できますから、消去法でいきますと
    仮称・モドキが残ります。
    増田図ではベッコウの右側の4カットの図がそれのように見えます。
    記載されているかどうかは模式のイラストを見てみないとわかりませんね。

    またややこしいところに足を踏みこんでしまいました。

  6. kudamaki | URL | SFo5/nok

    確かに

    リキシマサンさんの突っ込みをしない気持ちもわかりますが、サンドポンプの貝は色も薄く、やや拡大しても詳細がわかりにくいので、突っ込みしにくいのも事実です。
    で、解るものだけ、一枚目のナツモモの1種はシロナツモモ、2枚目のミツクチキリオレ科は、カタワカニモリ?かなと。

  7. virol | URL | -

    こんばんは~☆

    綺麗なのがいっぱいですね~☆アジロまで打ち上がるとは良さそうな浜で♪今年6月に奥漁港の隣まで行けたんですがまだ向こうには良い浜があったんですね~☆少し距離が離れすぎで飛行機の時間が気になるところですが来年はもう少し余裕をみて是非訪れてみたい浜で・・☆また面白そうな浜を紹介して下さいね☆楽しみにしてま~す☆

  8. リキシマン | URL | -

    はらはちさん、
    KO覚悟でノーガードでたたずむはらはちさんに対して突っ込みはできませんね。あっぱれなヤツじゃのう!
    でも、クロシオとナシジを初物!というのはmmmと考え込んでしまうのです。その組み合わせにです。
    とにかく、無条件に楽しい採集であったことはよーくわかる。うらやましい。

  9. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちわ。

    ちょっと騒ぎすぎたかなと思ってましたが、喜んで頂いてほっとしてます(^-^)。
    その反動もありまして、ブログの内容はだいぶ落ち着いた感じに仕上がりました。
    行った時期に書いてたら、大文字だらけになってたでしょう。後で読み返すと恥ずかしいんです。

    安田はちょっと遠いですよね。私もさすがに3回いったらお腹いっぱいになりました。
    当分行くこともないかな。

    ニシキツノは、模様がしっかり残ってたので思わずたくさん拾ってしまいました。
    何かの機会があったときにでも是非。

    ここの砂が、近場のビーチにも入ってくれればバッチリなんですけどねぇ。

  10. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    安田キタ----!
    こんな感じなのですね。すごいですね♪

    ただ、遠すぎて、とてもいけません…(泣
    正月休みにでもチャレンジしてみようかなぁ~^^;


    ニシキツノが沢山(しかもかなり立派)が拾えてますね。
    うらやましいですよ^^

  11. はらはち | URL | -

    5272様、こんにちわ。

    なんと!ベッコウフネアマガイは3種類!!

    そうですか、この前のはベッコウフネアマガイモドキだったんですね。

    それにしても、一番ポピュラーなやつの名前がどの図鑑にも載ってないなんて。
    最近分類されたものなのでしょうか?

    ネットを調べたら、Femoraleというサイトにベッコウフネアマガイの他に
    細身のやつ(ホソナガベッコウフネアマガイ?)ともう1種類、ベッコウに似た種類が掲載されていました。
    もしかしたらこれのことなんでしょうか。
    そうだとすると、学名はすでにだいぶ前に付けられているようですが。どうなんでしょうね。

    http://www.femorale.com.br/shellphotos/thumbpage.asp?family=NERITIDAE&cod=1021&nav=2&prov=

    我部井も機会を作っていってみたいと思います。学名わかったら是非教えてください。お願いします。


    そうそう、この前ご一緒したときにオカを見つけたあの川に、一昨日の夜に行ってみました。
    あまり上流までは行きませんでしたが、水がしみ出すような所を中心にだいぶ粘って探したのですが、残念ながら1コも見つけることできず(T_T)。

    ただ、その日はタイミングが悪く、雨模様な上にここ一番の冷え込みで、そのせいもあったのかと思います。
    気温の高いときにでも、再チャレンジしたいと思います。もうしばらくにお待ち下さい。

  12. 5272 | URL | yZ4Qz.sY

    はらはち様

    安田ヶ浜おもしろそうですね。
    どしどし報告おねがいします。

    さて、件のベッコウフネアマガイですが、どうもちがうようですね。
    ベッコウフネアマガイは殻頂が後ろによって口の方から見ても
    見えるような感じですね。
    蓋も少し違っています、もう少し厚く、幅が広いですね。

    では先日のはなにか、ですが、どうも日本産には3種類いるようですね。
    現地で説明しましたホソナガベッコウフネアマガイ(仮称?)とベッコウフネアマガイと
    もう1種です。
    仮称でベッコウフネアマガイモドキと呼ばれているようで一番ポピュラーな
    種類らしく奄美から沖縄全土に分布しているようです。
    細長は別格としてベッコウフネアマガイは結構少なくあのような場所ではなく
    細い水路の沈木やアダンなどの垂れ葉などに付いているものです。
    ファウナの感じとしましては我部井の水路のようなところですね。
    時間があればチャレンジしてください。
    学名などわかれば連絡します。
    暫し、ご猶予を。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。