アンボイナ (イモガイ科)

22:50

Conus geographus
アンボイナ-腹面

アンボイナ-背面

満を持しての登場となりました。キラーシェルこと、アンボイナです。

口から出す銛状の歯舌には強力な毒(神経毒)があります。
刺されても痛みはほとんどありませんが、手足のしびれから全身麻痺となり、呼吸困難で死亡する場合も。

これまで多くの死亡例が確認されているそうです。

沖縄ではハブガイとかハマナカーと呼ばれています。
ハマナカーの由来は、この貝に刺されると陸に戻ろうとしても浜の途中で命を落としてしまうことから付いた名前のようです。

イモガイ科にはアンボイナの他にもタガヤサンミナシやニシキミナシ、メノウイモガイモドキシロアンボイナなどなど、毒を持った貝はたくさんいますが、とくにこのアンボイナは攻撃的で、手でつかんだりすると発作的に刺す習性があるそうです∑(゚ロ゚;)。

おぉ怖っ(((;゚Д゚)))。触らぬ神にたたりなしです。こんな貝を見つけてもとにかく触らない事が肝心です。

|   |・ω・`)<それほど数は多くないようです。が、念のため気をつけてね!
殻は綺麗なんですけどねー。写真の貝はもちろん死殻でした(;-_-) =3

見分けるポイントはこの殻頂のトゲトゲ。いかにも悪の親玉といった感じ?
シロアンボイナやムラサキアンボイナはぱっと見の形や模様は似てますが、このトゲトゲがありません。
アンボイナ-殻頂

採集場所は名護の漁港そばの海岸。大きさ60mm。
大きくなると130mmにもなるようです。(((((((;゚Д゚))))))))ヒァーーーーー!!



完全に悪者扱いなのもかわいそうなので、ちょっとアンボイナいい話を。
ネタはナショナルジオグラフィック日本版サイトより。

「皮肉なことに、これらの毒成分の中には、個別に抽出すれば鎮痛剤として作用する可能性を持つタンパク質が含まれている。研究により、これらのタンパク質が人間のある特定の疼痛受容体に作用すること、そしてモルヒネの1万倍の効果があるが、依存性や副作用がないことが明らかになっている。」

チョウセンアサガオの毒はむかーし全身麻酔にも利用されたし、漢方薬には毒キノコも使われてるそうです。
人間に作用する毒は、うまく利用すれば逆に役に立つこともたくさんあるようです。
薬だって大量に飲めば人も死ぬわけですから、そういう意味では大差ないんですよね。
がんばれアンボイナ!汚名返上の日も近い。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ゲバゲバとか、かろうじてわかります!

    いきなりの、オープニング!

    > おばんでやす。

    いい年してますが、まったくピンとこなかったです(T_T)スイマセン。
    もしかして、新喜劇ネタでしたか?。新喜劇はうちの田舎では放送してなかったんですよね。

    さて、海の危険生物情報は山ほどありますし、情報もちょっと錯綜してますよね。
    アンボイナの毒も、サイトによっては激痛が走ると書かれている所もありました。

    顔をやられるのは相当怖いですね。
    クラゲもやっかいですよね。泳いでいると気が付かないうちに刺されてたりしますから。
    私も昔、泳いでいたら腕になにか粘着質の糸のようなものが絡まったと思ったら、カツオノエボシの触手だったようで、その部分が赤く腫れたことがありました。幸い痛がゆい程度ですみましたので良かったですが。

    怪我なく、安全第一で採集に励みたいと思います。皆さん気をつけて。

  2. 5272 | URL | yZ4Qz.sY

    はらはち様

    おばんでやす。

    若い方はわからないかものオープニングでした。
    たしか、はらはちさんはお分かりの年齢でしたよね?

    アンボイナですが以前、なにかの、たしかネットだったかでみましたが
    アンボイナの毒はトキシンとは違い熱によって分解するらしいですよ。
    たしか幹部の近くを緊迫し熱湯に漬け(やけどが心配)1時間ぐらいで
    かなり分解されるのでその間に医療機関に行ってください、と書かれていたような。

    とにかく、はらはちさんが言われるように海の生物にはアンボイナ以上に遭遇しやすく危険な
    生物が多くいますので同好の諸氏は十分に気をつけてほしいものですね。

    以前、愛媛県でミズクラゲに刺されて顔が大変なことになったので、
    その時にいろいろと海の生物の毒について調べてみたのですが、ネットの中の情報が
    かなり危ないのもありどれを信頼していいのかが分からなくなるぐらいでした。

    ミズクラゲに関しては、毒は弱毒性とかかれているところが多くある内、強毒性と書かれていた
    ところも少なからずありました。

    結論は、私の症状といろいろな情報を勘案しましたところ、ミズクラゲの毒はかなり強い
    のですが針が短く皮膚の弱いところを刺されなければ大丈夫かなと思いました。

    何はともあれ、皆様くれぐれもお気をつけて採集してくださいね。

  3. はらはち | URL | -

    リキシマンさん、こんばんわ。

    そうなんですか!
    あちこちのサイトで、気をつけろ!死人がなんにも出てるんだぞと脅されたので、てっきり数は多いのかと思ってました。
    みなさん、経験に裏打ちされた情報をお持ちでうらやましいです。
    付け焼き刃はぼろが出るので困ります(*゚ー゚)>テヘヘッ

    生きたアンボイナ!ビビリながらも個人的には見てみたいですねー。
    ましてや、ハンティングシーンなんて。捕まった魚がじたばたしてるところとか見れたらすごいでしょうね。

    イモガイのくせに貝殻軽いですよね。
    写真の個体を拾ったときは、えっ本物?ってびっくりしたぐらい軽かったのを覚えてます。

  4. リキシマン | URL | -

    確かにおっかない貝ですが、まあ、普通にリーフを歩いてすぐ見つかるってことないから、それほど心配することはないでしょう? って言ったら言い過ぎか、でもコレクターなら一度は海で生きたアンボイナに遭遇したいと思いませんか。思うでしょ?
    私も網の獲物としては持ってるけど、やっぱ目の前でこの毒貝の神々しいハンティングシーンを見てみたいのです。夜じゃなきゃ無理かな。
    それにしても、そんな怖い貝なのに、貝殻の極端な軽さ、おもしろい、不思議な貝ですね。

  5. はらはち | URL | -

    朔 さん、こんばんわ。

    沖縄には貝に限らず毒持ちがゴロゴロしてますからね。リーフでの採集とかは地雷原の中を歩くがごとくです!

    「コンニチワ」事件は私も時々やらかしてます。私の場合ヤドカリがほとんどですが。
    洗って、乾かして、置いておいたら、ヤドカリがぐったりしてたなんてことが(T_T)。
    申し訳ないですがゴメンなさいと謝って、ご冥福をお祈りしてます。



  6. | URL | i8nyjXKg

    こちらではまだ見つけたことないけど、アンボイナの写真を見るたびに『しっかり覚えとかなきゃ!』って思います。

    来年は絶対、沖縄に行って貝を拾うんだーヽ(`Д´)ノ

    前に殻だけと思って拾ったイモガイが、洗って乾燥しようとしていたら中から「コンニチワ」してきてビックリしたことあります。
    打ち上げられて、ぎゅーっと中に引っ込んでいたんですね。
    ちょっと怖かった思い出です《゚Д゚》

  7. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんにちわ。

    まさに危機一髪のところでしたね。(((;゚Д゚)))内地の方だと漁師さんでも知らないんでしょうね。

    毒は火を通せば大丈夫なんでしょうか??
    食べていたとのことですから大丈夫だったんだとおもいますが、知らないって本当に怖いですね。

  8. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんにちわ。

    > そういえば、以前、巨大なアンボイナが攻めてくるというお話(妄想?)がupされてましたね^^
    映画化の話をまっています。

    琉神マブヤーあたりなら、怪人として使ってくれそうだけど(^-^)。

  9. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    恐ろしや

    紀州では、稀にイセエビの刺し網に掛かってきます。
    有名な話では、焚き火の中に焼けたアンボイナの殻があって、漁師さんが焼いて食べたていたと言う話もあります。
    私の貝友の話では、網に掛かった本種を漁師さんから譲り受ける時、まだ生きているアンボイナが素手で触ろうとする漁師の手に向かって水管を振り振り伸ばしてきたそうです(恐ろしや~)。
    思わず、危ない!!と叫んだそうです。

  10. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    アンボイナ類は、打ち上げを見つけるとドキッとします^^;
    勿論、生貝で打ちあがっていることは稀なんでしょうけど、やはり怖いですよね~

    >殻頂のトゲトゲ。いかにも悪の親玉といった感じ?

    爆!
    そういえば、以前、巨大なアンボイナが攻めてくるというお話(妄想?)がupされてましたね^^

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks