--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキネズミ (タマガイ科)

23:35

Mammilla sebae
ユキネズミ-背面

ユキネズミ-腹面

ユキネズミ-殻頂

ぱっと見ネズミガイよりは、たくさん落ちてるリスガイのほうと間違えやすいかな?
白い部分が多く、模様がぼやっとしてるあたりはリスガイだと思ってスルーしてしまうかも。

それでもちゃんと見れば、ユキネズミの模様は不規則な大きさの褐色点々模様が1~3列ほど並び、
殻頂がリスガイよりだいぶ低い(口のほうから見るとわかりやすい)ので見分けられると思います。
(※なかには大きな褐色模様がはっきり出る個体もあるようです)

大きさ24mm。採集場所は台風明けの名護のビーチです。

タマガイの種類もだいぶ増えてきました。今回のユキネズミで15種!タカラガイに次ぐ紹介数です。
丸くて白いこの貝自体が好きなのもありますが、実を言うとタマガイって特徴的な模様や形をしてる物が多いので、見分けやすく紹介しやすいというのも理由のひとつ(^_^)。

そんなわけで、タマガイネタはまだまだ衰え知らず!次の出番を待っています。タマガイ好きのそこのあなた( ・ω・)9m
お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんにちわ。

    実は先日、夜のリーフに行ってきました!
    そしたら、岩礁の岩の上で生きたコハクダマが軟体部をひろげているのを見つけました。
    ホウシュノタマとアラゴマフダマ以外で生きたタマガイを見るのは初めてだったので、かなりテンションあがりました!

    夜の海は貝だけでなく、魚や甲殻類をはじめいろいろな磯の生物がすぐ近くで見られるので楽しいですね。
    これからは夜の潮干狩りの時期ですからね、病みつきになりそうです(^_^)。

  2. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    タマガイ好き

    >そんなわけで、タマガイネタはまだまだ衰え知らず!次の出番を待っています。タマガイ好きのそこのあなた( ・ω・)9m
    お楽しみに!
    タマガイ好きをワクワクさせる文面ですね!!
    タマガイの仲間は夜行性が顕著で、昼間は砂中に潜っていて生貝の採集はなかなか難しい種類が多いです。
    この仲間は夜間採集が最も成果を挙げる方法ですね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。