--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メオニノツノガイ (オニノツノガイ科)

12:00

Cerithium echinatum
メオニノツノガイ-腹面

メオニノツノガイ-背面

メオニノツノガイはオニノツノガイ科では一番のお気に入りです。
重厚なんですが、なんとなく丸味のあるなめらかな質感がたまりません。
不規則な褐色斑点模様がまたいい感じに散らしてあって、陶器のような渋さを醸し出してます。
グッとくる、格好のいい貝です。

見た目の方ですが、個体差なのか地域差なのか、ものによってはコオニノツノガイに似た個体もいるそうです。
海外サイトなんかを覗くと、かなりトゲトゲしい個体の写真も紹介されていたりします。

コオニノツノガイとは縫合のくびれが浅いことと水管がほとんど伸びない事で見分けられるそうです。

子鬼がいて女鬼がいるとなると、男鬼?にあたるのはやっぱり一番大きいオニノツノガイになるわけですが。
肝心のオニノツノガイはまだまともに拾ったことがないので、はやくコンプリートしたいです。

大きさ48mm。採集場所は名護か本部あたりで拾ったような気が・・・・・・・・。
だいぶ昔に拾ったヤツなので記録なし、記憶なしです。

追加


とげとげしいメオニノツノガイがいるらしいと書きましたが、いましたw(;゚ロ゚)w
噂をすればなんとやらで、この記事を書いてすぐ、拾うことができました。
赤土がこびりついてますが、摩耗は少なく特徴がちゃんと残ってます。
メオニノツノガイ02-腹面

メオニノツノガイ02-背面

ごっついです。まるで王蟲(オーム)みたい。これはこれでありだな。
メオニノツノガイ02
大きさ30mm。採集場所は恩納村ナビービーチ。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    デビューおめでとうございます!

    花の伊舎堂さん、こんばんわ。

    デビューが伊江島とは、うらやましいです。伊江島なら貝もたくさん打ち上がってそうですね。
    気が向いたら、うちの掲示板に採集成果でもUPしてみてください。
    わからない貝とか、私がというか、ここを見てくれている方々が教えてくれるかもしれませんよ。

    拾った貝が珍しいかどうかは経験も必要になりますが、私もほとんどわかってません。
    とりあえず、持ってない貝、好みの貝を拾っていけば、そのうちなんとなくわかるんでしょうね。

    あと、図鑑の「沖縄の海の貝・陸の貝」なら、貝の希少性が普通とか多いとか少ないとか稀とか書かれています。
    ただ、私でもごくたまにですがこの「稀」と書かれた貝を拾うことができますよ。
    たいてい拾った後にこの図鑑を見て気が付くんですが、わかったときはうれしさ倍増!急に扱いが変わったりします(^_^)。

    ただし、稀と書かれた貝以上に稀なのが、この「沖縄の海の貝・陸の貝」です。
    すでに絶版で、3千円しない図鑑が中古で2万もするですよ。そのぐらい使える図鑑と言うことなんでしょうね。
    もちろん私は持ってません!時々見てるのはほぼ借りっぱなしの人の図鑑です(T_T)

    釣果の方は、武士の情けで聞かずにおきますね(^_^)。

  2. 花の伊舎堂 | URL | -

    海 貝拾い デビュー

    26日~27日に伊江島に行ってきました!

    メインは釣りでしたが・・・

    貝拾いデビューしました

    無知は罪ですね・・・・

    拾った貝殻が珍しいのか?普通に沢山落ちているか?もわからずじまい

    まずは 拾った貝の種類(何科)なのか しらべてみます。

    因みに釣りの結果は聞かないでください!

    では また!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。