--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、沖縄の海も寒々しい

23:45

超寒がりの私個人の感想ですが、ここ最近めっきり寒くなりました。
日射しはまだなんとか力を発揮しようと頑張ってますが、北風が吹きすさび、曇り空の下ではさすがにTシャツ一枚では太刀打ちできません((((( ゚Д゚)))))

ついにヒートテックの股引も登場してしまいました。夏が恋しい今日この頃です。

勝連の海も沖縄とは思えない寒々しさ。
強い風で打ち上げられた海草がじゃまで貝も探しにくいです。
勝連の海
それでも、拾ってしまうんだな。ということで、採集結果をどうぞ。
まずは、なぞのタカラガイとタマガイ科のトラダマを発見。
トラダマはここでは定番になりつつあります。
タカラガイの方は幼貝のようで、たぶんヤクシマダカラじゃないかと。
トラダマとヤクシマダカラ?の幼貝

これも定番のオオシマカニモリ。
オオシマカニモリ

これも準レギュラー。ガン黒のシマアラレボラさん。色白のきれいなヤツにはいまだお目にかかれません(T_T)
シマアラレボラ

これは初物?ムラサキヨフバイ・・・かな?。ちゃんと口ができてなですね。
ムラサキヨフバイ

こちらはどこでも落ちてるミナミアジロイモ → アジロイモとその他。
アジロイモはツッコミ頂きました。ミナミアジロイモは相当レアもののようです。(T_T)
どこでも落ちてるとかいっちゃった(T-T)。
ミナミアジロイモなど

これまた微妙なんですが、前も間違えたホソジュセイラじゃないかなーと|   |・ω・`)。
シロシノマキだったようです(T_T)。ご指摘頂きました。区別がむずかしいです。
ホソジュセイラ

これはリスガイです。このへんがでるとホッとしますね。名前もすぐに出てきます。
リスガイ

これまた、定番かつ黒くなったものしか拾えないオオミノムシ(T_T)。
この海岸も実は競争激しいのかな?きれいなヤツはなかなか見かけません。
オオミノムシ

そんなこんなで、ほとんど定番と種類のあやしいヤツが2,3個といったところです。
採集結果-勝連の海
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

オオミノムシ×2 アジロイモ ひしゃげたガンゼキボラ?
ヤクシマダカラ?幼貝 ツヤイモ ミノムシガイ ホソジュセイラ? → シロシノマキ オオシマカニモリ シマアラレボラ
ムラサキヨフバイ? トラダマ×2 リスガイ

この海岸もいろいろ初物を拾ってきましたが、最近ちょっと頭打ちです。
今度来るのは北風が強く吹く頃がいいかもしれませんね。その根性が残っていればの話ですが。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    いやいやいや、たいへん感謝しております。

    リキシマンさん、指摘して頂けるほうが嬉しいです(^▽^)
    私はどうも、思いこみが激しいというか、思慮が浅いというか。よく考えずに種名を判断してしまう事が多々ありまして。
    そんなヤツがブログで貝を紹介しているのもおこがましいのですが、それを見てさらに間違った情報が伝わってしまうのも心苦しいところではあります。
    ですので、ご指摘頂ければ、私だけでなく世のため人のためになるのかと思います。はい。

    是非ともバシバシつっこみお願い致します。

    そこでひとつ、さっそくなんですがお願いしてもよろしいでしょうか?
    その、口の奥の方が黄色っぽい?やつがあるんですが、非常に微妙です。汚れ?と思ってたのですが。

    掲示板の方に写真をアップしますので、ちょっと見て頂けないでしょうか?
    よろしくお願いします。

  2. リキシマン | URL | -

    はらはちさん、
    ツッコミばかりのリキシマンてイヤな奴、ホントにゴメンなさいです。
    たぶん、一番手っ取り早いのは、殻口の中の色じゃないでしょうか。色や模様はイモガイでは重要で、図鑑のとおり、ミナミアジロは口の奥のほうが黄色っぽくなります、これはアジロではたぶん有り得ないでしょう。それに通常国産アジロの2倍近く大きくなる。
    ミズゴマツボさん、
    Darioconusがお好きですな。打ち上げとサンドポンプでそれだけ集められるなんてAh!うらやましきかな。私より多いことはたしかです。
    エリーゼはアジロと分ける必要がないくらいに自分も思ってます。
    ミナミアジロは、タカラガイ探しのひとがついでに採ったなんてネットに書いてるくらいだからそのうち目の前に出てきますよ。ジュズカケとかヒメは私も見てみたい。コハクは小さいのが潮岬で拾えるらしい。

  3. はらはち | URL | -

    リキシマンさん、ミズゴマツボさん教えてくださいm( _ _ )m

    ミナミアジロってそんなにレアだったんですね!!だったら私のもミナミアジロなわけないですね(T_T)。
    いままで、でてたやつはほとんどミナミアジロイモにしてました。(T_T)あぁあぁぁぁぁなかったことにぃぃー

    殻頂が低いのでミナミアジロとしてたのですが、そうじゃなさそうですね。
    見分けるポイント教えて頂けないでしょうか?

    カモン!イモガイマスターぁああ!

    そうそう、サンゴガキですか?
    私の二枚貝センサーはぶっ壊れているため使用不能です。残念ながら気付いてすらいませんでした(T_T)
    皆さん、眼力すごすきです。

  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ミナミアジロ…

    リキシマンさん、サンゴガキはビンゴでしたか!
    (良かったです^^)

    >ミナミアジロイモって本当かしらね?そんなに普通?

    ご指摘をうけてあらためて見てみたのですが、アジロでしょうね。
    ミズゴマ、日本近海産に掲載されているDarioconus亜属の15種のうち、
    コハク、ジュズカケタガヤサン、ヒメタガヤサンと、ミナミアジロの4種類が未収集です。
    その感覚ですと、リキシマンさんの言われるように、ミナミアジロはかなりレアだと思っています。
    (基本的に、打上げ or サンドポンプでの採取ですので、潜水される方でしたらジュズカケとかヒメとかお持ちなのでしょうけど…^^;)

    というか、私、ミナミアジロがよく分からなくて。
    海岸で拾えるモノについて、ミナミアジロかな、と思った個体でも迷っている内に、結局はアジロに含まれちゃうかな、と思えてくるんです。
    エリーゼもアジロのフォーマですしねぇ…

    きっと、ミナミアジロというのは、「ソウジョウ」や「ツボ」のような、ごついタイプなんだろうなぁ~と思っているのですが、近海産の記述では「潮間帯~水深50m」と、アジロやエリーゼと分布水深が同じなんですよね。
    (ホンマに、潮間帯に居るンかなぁ…??)

    どなたか、イモガイマスターのお知恵を拝借したいところです^^

  5. リキシマン | URL | -

    あの画像でサンゴガキを見つけちゃうとはネ、すごい! ビンゴビンゴです。

    ところで、はらはちさん、ミナミアジロイモって本当かしらね?そんなに普通?画像はアジロイモの変わり者でないか?と、ちょっと気になっています。自信ないけどね・・・

  6. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    今度のは、シロシノマキでしょう…^^;
    ムラサキヨフバイはOKですね!

    タカラガイは…悩ましいですよね。9割方ヤクシマでしょうけど、ハチジョウの可能性もゼロじゃないですし。
    ホソヤクシマは形が違うから落ちるとしても、大穴のキッコウダカラの可能性も…!?
    (まぁたぶんヤクシマでしょうね^^;)

    ところで、
    >こちらはどこでも落ちてるミナミアジロイモとその他。
    の写真の、右下の白い二枚貝(半殻)は拾ってこられてますか??
    これって「サンゴガキ」じゃないですか?
    瀬嵩や久志ではよく打ち上がっていますが、本島の他の場所では打ち上げを見た記憶が殆どありません。
    (実は今、サンゴガキの両殻揃いを拾い集めるのに嵌ってます^^;)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。