--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イサカイクリムシチョウジガイ (リソツボ科)

23:28

Zebina lis
イサカイクリムシチョウジガイ-腹面

イサカイクリムシチョウジガイ-横

貝拾いネタは現在標本の同定作業中でして、今回はこちらの貝でお茶濁しを。

判別が難しい、似た形の貝が多いリソツボ科のなかにあって、
この寸詰まりでぷっくり太めのイサカイクリムシチョウジガイは私でも見分けやすい素人にやさしい種類です。
ただし写真に撮るのは難しい(T_T)。大きさ8mm弱。

採集場所は名護のビーチから持ち帰った砂の中からほじくり出しました。

ところで、気になるのが、この貝の名前の由来です。
クリムシチョウジガイも十分気になるところですが、話が長くなるのでそっちの方はまたの機会に。
今回は、その前の「イサカイ」ってなに?って話です。
イサカイといえば、諍い。何かこの貝を巡って争い事でもあったんでしょうか。
発見された当初はえらい高価で、うんたらかんたと妄想だけが突っ走ってしまいます。

と、ここで終わってたらブログで書くネタにもならないのですが、頑張って調べました。
実は学名のほうにヒントがあったんです。

種小名にあたる「lis」をネットのラテン語辞書で調べたところ、
学名に使われるラテン語で「争い」や「口論」を表す意味があるそうです。
つまり、なんてことはない和名の方は学名の翻訳をくっつけたという事のようです。ミカドミナシと同じですね。

蛇足でたいへん申し訳ないんですが、
調べてる途中でこの「lis」という綴りには、オランダ語でキツネという意味もあるようでして、
あくまで個人的な感想ですが、貝の形は言われて見ればキツネのしっぽに似てなくもない。
キツネノオクリムシチョウジガイとかどうでしょう?いかにもありそうな名前でしょ?
名は体を表すじゃないですけど、私はこっちも捨てたもんじゃないかなーと。

う~ん、調子に乗りすぎました。命名者に怒られそうです(((;゚Д゚)))。

= 追伸 =
コメント欄で、貝の名前に関するトリビアネタを教えて頂きました。
私のくだらない無駄話の百倍面白い話です。
イサカイからナカマへとつながる悪のり?和名シリーズや浦島太郎和名シリーズなど。
是非、コメント欄もご覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ご名答です、きつきつぼさん。あの番組も懐かしい話になっちゃいましたね。

           ,一-、
          / ̄ l|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ■ ■-っ <  え~ウラシマのつぎはかぐや姫で~す。
          ´∀`/    \________________
       __/|Y/\.
     Ё|__ | /  |
          | У.. |


    リキシマンさん、その読み嫌いじゃないです。発展してほしいですね。
    タマゴボタルも発展の余地が大いにありますね。

  2. リキシマン | URL | -

    きつきつぼさん、
    浦島太郎シリーズはもうお終い、と思ってカグヤヒメを持ってきたのでしょうね。厳密にはカメさんという重要な役が残ってますが・・・形とか色とかふさわしい貝がこの仲間にはいませんね。
    あるいはタケノコボタルから竹取物語、そこからカグヤヒメに結び付けたか?mmm・・・
    深読みすぎかな。

  3. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    もしかして?

    80ヘェ~ですか。
    古っ!!

  4. はらはち | URL | -

    Re: 遊び心


      /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\
      \/⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\/
       \/⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\/
         \/⌒⌒⌒⌒⌒\/
           \/⌒⌒⌒\/
            \/⌒\/
              ┘ ̄└
           ミ   ∧_∧
         ミ ⊂ ヽ(・∀・ ) ヘェーヘェーヘェー
           ∩⊂~~  ⊂~)
         ━━━━━━━┓
          / ̄ ̄ ̄ ̄\ ┃
          |  8 0  | ┃
          \____/ ┃
              |     ┃
         ━━━━━━━┛

  5. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    遊び心

    リキシマンさん
    イサカイクリムシチョウジとナカマクリムシチョウジの関係初めて知りました。
    命名者の遊び心なのでしょう。

    これに似たのが、リュウグウボタルシリーズだそうで、ウラシマボタル、リュウグウボタル、オトヒメボタル、タマテバコボタル、シラガボタルで浦島太郎シリーズです。
    浦島太郎が竜宮城に行き、乙姫さんと出会い、玉手箱を貰って蓋を開けて白髪になるストーリーですが、何故か関係の無いカグヤヒメボタルが参入しています。
    でも、カグヤヒメボタルは少し離れているか・・・
    こんな粋な命名も面白いですね。

  6. はらはち | URL | -

    またまた~

    さすがに冗談でしょとか思ってたらホントにいました!ナカマクリムシチョウジガイ。

    ナカナオリクリムシチョウジガイとしなかったあたりは、命名者にちょっと理性が働いてしまったんでしょうか。
    さすがにそれはやりすぎかな。個人的には好きですが。

    でも、名前の由来がわかったりすると面白いですよね。私はこんな話大好物です。
    リキシマンさん、ありがとうございます。

  7. リキシマン | URL | -

    はらはちさん
    これもどうでもいいことですが、イサカイばかりしてたらあかん、てなことで仲直りしてナカマになりましょうや、と近縁にナカマクリムシチョウジガイの名がつけられたみたいですよ、これ、嘘じゃないですよ。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。