クロナマコヤドリニナ (ハナゴウナ科)

18:49

Melanella kuronamako
クロナマコヤドリニナ-腹面

クロナマコヤドリニナ-横

白くてツヤツヤのハナゴウナ科は大好物!

おかしな名前の貝ですが、貝が寄生している寄主の名前が入っているのでこんなへんな和名がついてます。

「沖縄の海の貝・陸の貝」によると、この貝が寄生しているのはクロナマコの他にもニセクロナマコやシカクナマコにも付くようです。

ハナゴウナ科には同じように寄生している相手の名前が和名の一部になっている○○ヤドリニナはけっこういるようでして、
リンク先はGoogle先生任せですが、ざっと紹介するだけでもこれだけいます。

タコノマクラヤドリニナ   ニセクロナマコヤドリニナ   カシパンヤドリニナ   オーストンフクロウニヤドリニナ
ウミシダヤドリニナ   カスリモミジヒトデヤドリニナ   トゲモミジヒトデヤドリニナ  サンショウウニヤドリニナ
ヤツデヒトデヤドリニナ   アカヒトデヤドリニナ   ガンガゼヤドリニナ などなど。

寄生する生物もウニにナマコにヒトデと様々です。
リーフや干潟を歩くときは、貝だけでなく他の生物にも目を向ける必要がありそうです。

よそ様のリンクばかりでは申し訳ないので、
私が見つけたクロナマコに寄生しているクロナマコヤドリニナではないハナゴウナ科の一種をご紹介しておきます。

写真の個体は大きさ10mm。採集場所は名護のビーチです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、さすがですね!

    瀬底と瀬嵩!ポイントは瀬ですね。
    きっといつか・・・・やめられませんね(^_^)

    他の島も行ってみたいですねー。夢は広がります。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    コメントありがとうございます^^

    沖縄で拾えそうな貝は、ナスビバとシロマダライモですね~
    ミズゴマはこの両種とも、瀬嵩と瀬底で拾ってます!
    通われれば、きっといつかはゲットできると思いますよ♪

    それにしてもネコノツメガイ…(憧
    奄美の土浜なのでしょうか…
    (行ったことが無いのですけど…^^;)

  3. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんわ2

    ネコノツメガイ!!
    いいですよねー。私もほしいです!でも拾える気がしないです(^-^)

    皆さん、あこがれの貝ってあるでしょうね。

    せっかくですので、わたしの憧れの貝を思いつくままに!

    ホウシュエビス
    ナスビバオトメフデ
    ミサカエミノムシ
    シロマダライモ
    キリガイ
    オオイトカケ

    などなどなど、欲望はつきません。
    普通種や沖縄じゃ採れないやつも混じってますが、色や形が好き!!ってやつばかりです。

    こうした貝があるから、海へ行ってしまうんでしょうね。

  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ハナゴウナ科、ミズゴマも磁器のような質感がたまらなく好きなんですが、
    図鑑で見ても同定がとっても難しいので(果たして本当にそれなのかが分からない)、拾っても殆ど名前を付けられないんですよね^^;

    ちなみに、この科でミズゴマが一番欲しいのは、ネコノツメガイです!
    沖縄には居ないのかなぁ…(近海産図鑑だと、奄美と書いてありますが…)

    脱線しますが、すごく憧れているトップ5は次の通りです。
    ・ネコノツメガイ
    ・サンゴニナ
    ・シラクモオトメフデ
    ・レンガマキシャジク
    ・マンガルツボ
    他にも欲しいのは沢山ありますが、これらは別格です^^;

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks