食べるのは別腹だな

12:47

前回は夕飯のおかずにするべく二枚貝求めて干潟を歩き回ったのですが、探した場所が悪かったのかあえなく撃沈。

それでもこりずにまたやってきました。場所をかえて、前に何度も行ったいつもの干潟。
ここならきっと大丈夫。前にも二枚貝たくさん見てます。
干潟

ということで、結論から先にいいますと、そこそこ採集できました。
さっそく持って帰って、火あぶりの醤油責めに。せっかく食べたので味の方もコメント入れてみました。

それでははりきって行きましょう!
陸寄りの岩ゴロゴロのところをまずはウロウロ。
干潟02

アラスジケマンガイ → ホソスジイナミ発見!
(こちらもツッコミどーん!アラスジケマンは間違いでした(T_T)。ホソスジイナミ・・・見たことあるようなないような。
今までアラスジケマンだと思ってた中にはこいつが・・・・。 ご指摘ありがとうございました)
※このブログはみなさんのツッコミで運営されています。暖かい手をさしのべてくださいね(ー) フフフ

味はなかなか。磯臭さもなく、いたって普通の貝の味。
小ぶりなやつだったので、物足りなかったですが、なかなかうまい◎
アラスジケマン

砂をザルでふるってたらでてきたのがこちら。アワムシロです。
これは食べられないかな。たぶん。
なかなかアクティブで、手で持ってる状態でも軟体部がニョーンと出てきます。
アワムシロ01

アワムシロの口のほう。実はこれも生貝を見るのは初めて。
アワムシロ02

背中側。殻頂がキレイに残ってるのも見るのは初めてですね。
打ち上げ採集ではみんな殻頂欠けたやつばかりでした。
アワムシロ03

こちらは貝殻のオオクチキレ。
綺麗な個体で即お持ち帰りでしたが、洗ってるうちに殻頂の先っちょが欠けてしまった(T_T)
貝殻 オオクチキレ

こちらはおかずのリュウキュウマスオ。
なかなか大きくて食べ応えはありました。
ただ、味の方はホソスジイナミ比べるとやや淡泊かな。ワタがちょい苦。
リュウキュウマスオガイ

沖の方に行くと緑色のモコモコが。
イソスギナ01

ちかくでみると緑色の綿棒がたくさん生えてます。
緑藻類の仲間、イソスギナという海藻のようです。
イソスギナ02

さらに沖へ。岩場の潮だまりで貝を探します。
岩場

白い貝がゴロンと落ちてます。丸く平べったくて、ヤスリのようなザラザラがあるへんな貝です。
サメザラ

その名もサメザラ。
サメザラ-02
大きいだけあって、身もたっぷりですが、それに負けないくらい真っ黒くてでかいワタあり。
白い軟体部をかじってみましたが味はあんまりしなかった。
ワタの方もちょっと食べてみましたが、ワタ系が苦手な私は全部食べる気にならず。
さらにワタのところから線虫みたいな先の尖った細長い半透明の物体が出てきたので、終了。
味の方はよくわからず。△

= 追 伸 ====================================
上記の線虫?みたいなものですが、ツッコミいただきました。ご指摘ありがとうございますm( _ _ )m

これは寄生虫のたぐいではなく、晶体(しょうたい)とか晶桿体(しょうかんたい)と呼ばれるものだそうです。
晶体は胃の壁からつきでていて、晶体のなかには消化酵素がたくさん含まれているそうです。
この消化酵素が胃の中に溶け出し、食べたものの消化を助ける働きをするそうです。
巻き貝のように歯舌を持たない二枚貝は、どれもこの晶体が胃の中に入っているそうです。
========================================
いやいや勉強になりました。情報を発信しているのか、頂いてるのかわかりませんね。
これがインタラクティブってやつでしょうか。違いますね、たぶん(^_^;)

こちらは巻貝。
どこにいるかわかります?背景にみごとにとけ込んでますが、真ん中にイガイガの貝が。
コオニコブシ01

汚れていてわかりにくいので、てっきりオニコブシガイ科のコオニコブシだと思ったら、ツッコミはいりました。
アッキガイ科のツノテツレイシです。またやっちゃいました(T_T)。
食べられそうですが、今回は二枚貝を狙っていたのでとりあえずパス。命拾いしたコオニコブシ → ツノテツレイシ。
コオニコブシ02

そしてついにタカラガイ発見!!白い点々模様は大好きなホシキヌタです。
貝殻 ホシキヌタ01

ツヤッツヤでしかも、身なし状態。大事に大事にお持ち帰りです。
貝殻 ホシキヌタ01-02

久しぶりのホシキヌタゲットにちょっとテンション高めになったのもつかのま、今度は生きたホシキヌタを発見!!!
ホシキヌタ02

せっかくなので、失礼してちょっといたずらしてみました。
ひっくり返すことしばらく。
ホシキヌタ02-01
ウネウネと身が出てきます。
ホシキヌタ02-02
下の岩場をキャッチ。
ホシキヌタ02-03
よいっしょと声が聞こえそうなほど、勢いよく裏返ります。
ホシキヌタ02-04
無事元通りに。
ホシキヌタ02-05

こんなところで干潟歩きは終了です。とりあえず潮干狩りで採った貝を食べるという当初の目的が達成できたので満足です。
味は平均するとまあまあかなー。
貝を集めるのは大好きですが、食べる方はそんなに好きじゃないかもと思いなおす潮干狩りでした。

このとき拾った貝殻もあげておきます。
採集結果-111001
ホシキヌタ ハナビラダカラ オオクチキレ アツムシロ オオシイノミクチキレ オハグロガイ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    えいか~?

    初めまして、はるさ~さん。

    教えて頂いた晶体を検索してみたところ、バカガイの晶体が紹介されていました。
    まさにこれです!
    てっきり寄生虫だと思ってました(^_^;)
    調べていたら他にも寄生虫!と思った方がたくさんいるようなのでちょっとホッとしてますが。
    あれは虫にしか見えませんよね。

    とても勉強になりました。さっそくブログのほうも追加しておきます。はるさ~さん、ありがとうございます。
    また遊びに来てください。

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    寄生虫

    貝殻好きのおっさんです。
    時々見学に来て参考にさせていただいてます。
    ↑の寄生虫のことですが、「二枚貝ならどれにも存在する消化酵素を含む晶体というもので胃の内部にある」ではないかと思われますが如何でしょうか。
    また遊びに来ますぅ。

  3. はらはち | URL | -

    ま、またしても。

    もはや、歩くことさえできません(笑)。

    ミズゴマツボさん、ツッコミありがとうございます。
    そうかぁーちがうのかぁー(T_T)

    写真の方は腕じゃかなわないので、特殊な趣味の方達のみ狙いで行きたいと思います。
    お褒めの言葉と受け取っておきましょう(^^)

    笑ってしまった。くやしい。
    > さしずめ、プロ野球の中村紀洋と、 スピリチュアル()の江原啓之ぐらいの似具合でしょうか…??

  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ホシキヌタの連続写真は、いいですね~^^
    なかなか見れない(というか撮る人もいない?)マニアックな写真だと思います!


    ところで、、、ツッコミ続きで恐縮ですが、
    3枚目の二枚貝は「アラスジ」じゃなくて、ホソスジイナミですね・・・
    サイズが小さめだと似ていて、両種の区別が付きにくいですよね^^;
    さしずめ、プロ野球の中村紀洋と、 スピリチュアル()の江原啓之ぐらいの似具合でしょうか…??
    (あっ、この例えだと、あんまり似てない…?)

  5. はらはち | URL | -

    リキシマン さん、ありがとうございます。

    はじめまして、リキシマンさん!

    ご指摘ありがとうございます。
    確かに軸唇に襞がないのでコオニコブシじゃないですね( ̄□ ̄;)
    ツノテツレイシってこんな大きくなるんですね。まだまだ勉強不足です。もっと慎重に行かないとだめですね。

    これに懲りず、また見に来てください。もちろんツッコミ大歓迎です。

  6. リキシマン | URL | -

    アッキガイ科でいいのですよ

    はじめまして、はらはちさん。
    楽しいブログ、いつも拝見してます。コオニコブシは軸唇に襞があります。これは、ツノテツレイシですね。こんな干潟にもいるんですね、さすが沖縄だ。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks