イソチドリ (イソチドリ科)

23:06

Amathina tricarinata
イソチドリ-上

イソチドリ-横

これまた、へんてこりんな形の貝です。
上から見るとまるでアヒルの水かきですが、横から見ると殻頂の巻きっぷりがカツラガイ科のカセンチドリに似てなくもない。
しかし、最近の研究でトウガタガイ科に近い科であることがわかったそうです。
貝の中でも巻き巻き感の強いトウガタガイ科に近いとは。

外国産になると、水かきの爪の部分が長く伸びるようですが、日本産では写真のように短いままです。
生貝では茶色の殻皮が表面を覆っているようです。

大きさ9mmちょい。
採集場所は名護のビーチです。
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    sidatami さん、こんばんわ。

    おひさしぶりです。

    トウガタガイ科とはびっくりですよね。思わず、二度見しちゃいました。
    正確にはトウガタガイ超科イソチドリ科だそうです。

    親戚なのに全然似てなかったり、イモガイ科とマクラガイ科でそっくりな模様があったり。
    貝って不思議ですよね。

  2. sidatami | URL | zjYrGLtU

    かわいい貝ですね。
    外見はカツラガイ科の貝に見えますが、トウガタガイの仲間だとは・・・。
    かなりかけ離れたグループに入りましたね。
    古い図鑑にはカツラガイ科に分類されていますよ。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks