--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干潟 ガタッガタッ!! Vol.2

21:57

ひきつづき、とある干潟で貝探しです。

前回は満ちてくる潮の間際で貝を探してましたが、
今回は沖に背を向け、海岸に向かって移動しながら貝を探します。
110817-干潟
まずは、軽くマルアマオブネから。
110817-マルアマオブネ

ウミニナ系の貝がたくさんいました。あまり大きいやつはいません。見かけたヤツはみんな1cm程度。
110817-ウミニナの仲間01

フタがまん丸です。間違いなくウミニナ科の貝ですが、種類は??。
リュウキュウウミニナ?かな。
110817-ウミニナの仲間02

小ぶりの貝を発見!アマオブネガイの仲間です。
この前河口でみかけたハナガスミカノコに似てますが、ちょっと違うような。
110817-ヒメカノコ01

この黒と白の繊細な模様は、ヒメカノコ!!当ブログ初登場です!!
110817-ヒメカノコ02

ヒメカノコの特徴はなんといても、模様の繊細さと美しさ。そしてバリエーションの多さです。
撮影枚数もついつい多くなってしまいます。
ヒメ-01ヒメ-02

ヒメ-03ヒメ-04

ヒメ-05ヒメ-06

ヒメ-07ヒメ-08

カノコガイがいたので、それと比較してみました。 左がカノコガイです。
生息場所は重なるようで、ヒメカノコのすぐそばでカノコガイも見つけることができました。
大きさはカノコガイの方が大きくなるようです。
それに、カノコガイは殻頂が溶失してデコボコになってますね。ヒメカノコではいなかったような。
110817-ヒメとカノコ01

カノコガイをじっくり観察。
個別でみると結構似てます。比べてみないと間違えそう。殻表面のツヤは若干ヒメカノコよりは少ないかな。
110817-カノコガイ01

口の方はこんな感じ。フタは同じ灰色ですが、カノコガイの方は口のまわりも全体的に灰色がかってますね。
110817-カノコガイ02

並べると、わかりやすいですかね。
ただ、図鑑では口のまわりが灰色のヒメカノコも紹介されていたので、口の色だけで判断するのは危険かも。
それよりは、模様の感じで判別した方がいいような気がします。
110817-ヒメとカノコ02

さて、ヒメカノコで時間を食ってしまいました。ご覧の通りだいぶ影も長くなってます。
そろそろ帰らないとと思った矢先に、またアッキガイ科を発見。
110817-レイシダマシモドキ01

これまた、悩みどころです。自信なしのレイシダマシモドキ。
110817-レイシダマシモドキ02

コンツクシ → クリイロワカツクシ。こちらは死殻だったのでお持ち帰りに。
110817-クリイロワカツクシ01

日が沈んでいきます。おみやげも拾えたので、今回の干潟歩きはとりあえずおしまいに。
110817-日が暮れた

なかなかよさげな干潟でした。時間のあるときにまた来ようかな。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    綺麗な景色ものせたいんですけどねー

    写真が中途半端で気持ち悪いです。

    レイシダマシモドキとか、いつも涙目で同定してます。カタハリとか一緒にしか見えません(T_T)
    ミズゴマツボさんにOK頂ければ心強いです。

    ヌリツヤアマオブネは見たことないんですよね。でも、微小貝さんで紹介されてる黒光りのヌリツヤは是非とも見てみたい貝ですね。

    そして、やっぱりマキミゾですよねー。あれは是非とも生貝を見つけてみたいです。
    いつか必ずと思ってます。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    この場所、結局どこか分かりませんでした^^;
    (残念!)
    が、たぶんミズゴマは行ったことが無いところだと思います。
    ヒメカノコのサンプル、自分でちゃんと採ったことありませんし、こんなに居るところ見たこと有りません。

    ということで、産地を(写真でも!)伏せて記事にされた効果がテキメンに現れたことになりますね!
    (場所が分かれば、ミズゴマ、採取に行ったと思いますので! ←個人的なサンプルとして、数個体ですけどね^^;)


    さて。
    レイシダマシモドキは、OKです!
    一瞬、カタハリ??とも思いましたが、レイシダマシモドキで間違いないです。


    >ニシキ、マキミゾ

    ニシキも良いですが、ニシキに似てるけど数の少ないヌリツヤも良いですよね。
    さらによいのは、あの、マキミゾですけどねっ!!
    (憧れます…^^)

  3. はらはち | URL | -

    朔 さん、こんばんわ。

    ようこそアマオブネガイの世界へ!!アマオブネガイ科は奥が深いですよー。
    ヒメカノコやクサイロカノコとか、かわいいヤツもいますしね。

    ニシキアマオブネなんかもオススメです。マキミゾアマオブネとかみたら、もうきっとしびれちゃいますよ。

    > 同じ干潟でも、熊本の干潟と沖縄の干潟はずいぶん違うみたい。
    そうなんですか!
    熊本といえば、同じ九州沖縄ブロック。同じ南国。貝も干潟も同じ感じなのかなと思ってました。

    そうなると逆に九州に行って貝拾いしてみたいです。

  4. | URL | i8nyjXKg

    ヒメカノコ、きれいですね!

    これまであまりカノコガイには目が行かなかったのに、最近は良く見つけるようになりました。
    はらはちさんのキレイな写真に影響されてますヽ(・ω・)/

    同じ干潟でも、熊本の干潟と沖縄の干潟はずいぶん違うみたい。
    これはなんとしても行かねば!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。