--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロクチイモ (イモガイ科)

19:28

Conus spectrum
ヒロクチイモ-腹面

ヒロクチイモ-背面

ヒロクチイモ-殻頂

タカラガイ同様、専門のコレクターも多い人気のイモガイ科ですが、最近やっと私もその良さがわかってきました。
魅力のひとつに模様や色彩の豊富さがあげられるかと。
ただし、手持ちの標本が増えてきて初めてその魅力がジワジワくるものなんだと思います。

種類ごとの模様の違いだけでなく、同じ種類のなかにも模様のバリエーションがいくつもあって、それも含めて集めてる人もいるようです。レアものとかがでてくるわけですね。

このヒロクチイモもバリエーションが多いようです。
私はこのタイプしか持ってませんが、ネットで学名検索をかけると、まさに色とりどりのヒロクチイモが出てきます。

必殺技のハイターも覚えたこのごろでは、かなり汚れたイモガイも手にとってチェックするようになりました。
イモガイ天国の沖縄ですから、ガンガン集めていきたいです。

大きさ26mm。採集場所は???沖縄のどこかです(T-T)
たぶん、名護あたりかと。

その後、成貝とおぼしき大きめの個体が拾えたので追加しておきます。
上の小さな標本に比べると、口も大きく、模様の細い横シマ模様もまったくなくなっています。
これなら、広口といって差し支えないですね。
ヒロクチイモ02-腹面

ヒロクチイモ02-背面

ヒロクチイモ02-殻頂

大きさ48mm。採集場所は済井出の浜です。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんばんわ。

    わたしは、もう貝を探していると、おぉ!とか、あ~(残念)とか声出てます。
    ほしかった貝だと、キター!って言っちゃいます。
    変な人ですね(T_T)

    タマガイがあけるあの穴は同感です。拾う人のことも考えてほしいです(笑)

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    小型で細身ですが、模様もしっかり残っていて上物ですね^^
    ヒロクチイモは、好きなイモガイです!
    見つけると、いつも「おっ!」って(心の中で)言っています。

    タマガイ類の穴が開いてますけど、
    こんなに口が広いのだから、そこから食べれば…と思いません?^^;
    二枚貝なら、穴を開けないと、ですけどね^^;

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。