キイロカニモリ (オニノツノガイ科)

23:43

Cerithium citrinum
キイロカニモリ-腹面

キイロカニモリ-背面

あぁ風が気持ちいいなあと夜のベランダで涼んでいたら、リー、リー、リーとあちこちから声が聞こえてきました。

な、なに?、二塁をねらえとでも?

いやいや、よく聞けばどうやら虫の声。これって秋の虫?
えっもう秋?

秋と言えば紅葉、紅葉といえば黄色。沖縄で紅葉もないんですが。
ということでキイロカニモリの季節??

所々すり減ってかどがなくなってたりしてますが、口や水管がなんとか残ってるだけでもガッツポーズです。
いままで拾ったヤツはみんなボロボロだったんで。
殻の黄色もなんとか残ってます。水管はだいぶ欠けてるけど。

贅沢言ってたら紹介するものがなくなってしまうんで(T_T)、気にせずいきます。

大きさ39mm。これもだいぶがんばってます。いつもみかけるのは2cmもないやつばかり。
次は、摩耗のない綺麗な個体をねらいたい。

採集場所は名護のビーチ

とはいえ、まだまだ日射しが痛い沖縄です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんにちわ

    > いやぁ笑わせてもらいました!

    あとで、冷静によむと結構はずかしいです。思いついたときの勢いだけで書いてますので。

    オニノツノガイ類は水管が残っているかがポイントですよね。なかなか超えられない壁です。
    拾い続けるしかないでしょうねー。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    >リー、リー、リー
    >な、なに?、二塁をねらえとでも?

    爆!!!!
    いやぁ笑わせてもらいました!

    確かに沖縄も、夜はすっかり秋の気配ですよね。
    紅葉もなにもなく、締まらない秋ですけどね^^;


    キイロカニモリ!
    水管が残っているのが、なかなか無いんですよね…
    この前は、黄色の色が残っているのが拾えて嬉しかったのですが、
    水管は、そこに初めから何も無かったかのように折れて(摩耗して)ました(泣

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks