--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒナカゴサンショウガイモドキ (ニシキウズガイ科)

13:37

Euchelus clathratus
ヒナカゴサンショウガイモドキ-腹側

ヒナカゴサンショウガイモドキ-下

ヒナカゴサンショウガイモドキ-上

大きさ4mm!
何しろ小さいので普通に拾うのはなかなか難しい。砂を持って帰って、おうちでゆっくりほじくり出すのがベストです。

籠目状の彫刻が特徴ですが、写真の貝はちょっとすり減ってるようで、
カゴメの交差するところはもっと張り出しややトゲトゲした感じになるようです。

採集場所は名護のビーチで、お持ち帰り砂の中から。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちわ。

    この貝は、やや低めのストライクってところです。これは小さすぎかな。
    目の悪い私にはちょっと打ちにくいコースです。
    好みの幅は広いですが、変なところでこだわるのがたまにきずです(^_^)

    やっぱり持ち帰り砂から採集ですか。
    20年前の波の上ビーチ!ミズゴマツボさん、年季はいってるんですね!
    相当、たくさんのコレクションをお持ちのことかと。そういえばタンスいっぱいの標本を前に紹介していたような・・・
    20年分が詰まってるんですねー。もっとかな?

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    これまたマニアックな種類ですね~^^;

    白くて、小さくて、しかも彫刻が良い仕事してて、
    はらはちさんにとって、ストライクど真ん中の貝なのでしょうね!?

    この貝、自分の記録を見ると波之上ビーチの浚渫砂を持ち帰った中から、
    5個見つけて、標本にしてるようです。
    (↑ もう20年前です^^;)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。