アマグモタマガイ (タマガイ科)

18:56

Natica kawamurai
アマグモタマガイ-腹面

アマグモタマガイ-背面

今回の標本紹介は一部の根強いファンもいらっしゃるタマガイ科!

このアマグモタマガイはちょっとめずらしいようなので、種名の判別も慎重に行きましょう。
まぎらわしいのはコハクダマやニッポンタマガイあたりです。

まずは模様から。
写真の標本は、図鑑のアマグモタマガイのように茶色地に白い雲模様がはっきり入らないので、
コハクダマかな?と判断に迷うところです。
ただ、殻の下側が白くなるところはポイントかと。

巻きの中心の穴(臍孔:さいこう)も、コハクダマやニッポンタマガイと比べると狭くなっています。
これが決め手となって、アマグモタマガイとしました。

めずらしいタマガイが拾えたのも、霊験あらたかな人魚様のおかげでだと個人的に思ってます。
みなさんも御利益授かりに行ってみてください。

大きさ10mmちょい。
レアものタマガイとセクシー人魚にあえる場所はこちら
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    朔 さん、こんにちわ。

    沖縄に来る際には、貝拾いもかねて是非人魚様を拝みに来てください。
    ユタのお墨付きですから、きっとご利益ありますよ。

    まだそちらは梅雨まっただ中でしたね。
    さぞやフラストレーションもたまってることでしょう。梅雨明けにはそのうっぷんを爆発させてください!
    ツルピカのタカラガイやタマガイが拾えたら、暑さや夏バテも吹っ飛ぶはず(゚▽゚*)♪

  2. | URL | i8nyjXKg

    人魚様の不思議な力を信じて、いつか会いに行こうかな(*´∀`*)

    熊本はまだまだ梅雨の豪雨中です。
    晴れたら海まで行こうと思うけど、晴れてたらきっと暑さと日差しにバテちゃうんだろうな、と思います。
    今は体力温存!

  3. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんわ。

    そうですか、沖の方から持ってこられたやつなんですね(T_T)

    だがしかぁし、また拾える可能性はわかりませんよ!!
    ユタいわく、あの人魚は海神様の化身ですからね。
    きっと、数々の奇跡をおこしている、はず。

    そのうちどえらゃあ貝があがるでよ(意味不明)

    と思うようにしときます(笑)

  4. ミズゴマツボ | URL | d3xRQPUk

    アマグモって、見たことありません…
    人魚の所で拾われたのですか。すごいですね~!

    あそこは人工ビーチになってしまったので、リンク先の記事でくだまきさんがご指摘のように、
    浚渫砂に混じっていたものでしょうね。(チービシ~渡嘉敷の間の浚渫砂でしょうね)

    その場に生息しているものじゃないでしょうから、同じ浜でまた拾える可能性は限りなくゼロに近いと思います。そういう意味では、ラッキーですね^^
    (人魚様の御利益!?)

  5. はらはち | URL | -

    シマナイチャー さん、こんにちは。

    中城の海は、泡瀬を筆頭にみかけによらず?豊かな海のようですね。

    泡瀬の干潟も時間をかけて歩いてみたいところですが、日焼けには要注意ですね。

  6. シマナイチャー | URL | SFo5/nok

    内湾の神秘。砂泥地は面白いですね。ザルを持って潜りに行きたいところです。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks