--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チヂミハマヅト (ツクシガイ科) そして貝拾いの旅はつづく・・・・

16:22

Costellaria pacifica
チヂミハマヅト-決着

チヂミハマヅト-背面

殻が堅くガッシリしてるので比較的状態の良いやつが結構落ちてます。

ですが、これと似ているトゲハマヅトとの違いがいまいち分からず、なかなか紹介できませんでした。
それがつい先日やっとこれがトゲハマヅトか!!というやつを拾えたので、
やっぱりこっちはチヂミハマヅトだということでの登場とあいなりました。

近々トゲハマヅトも登場しますので、見分けるポイントはその時にでも。

と思ったのですが、ちょっと自信が揺らぎはじめています。
トゲハマヅトのような気もするんです。ということで、チヂミハマヅト?ッて感じにしておいてください。


大きさは17mm。採集場所は名護の漁港そばの海岸。名護のビーチでもいくつか拾ってます。


- チヂミハマヅト episode2 -
ずっと審議中のままでほったらかしてたチヂミハマヅトですが、ついに決着の時?が来たようです。

ちょっと摩耗してるため一抹の不安は残りますが、
これはチヂミハマヅトじゃないのか?と思える貝殻が拾えたのでアップしてみました。
チヂミハマヅト02-腹面

チヂミハマヅト02-背面

縦肋の数もトゲハマヅトに比べ格段に多いし、肩の張り出しもほとんどありません。
これがチヂミハマヅトであれば、最初に紹介した写真はやっぱりトゲハマヅトだったということになります。

みなさん、いかがでしょうか?ご意見お待ちしております。

大きさ14mm。採集場所は名護の東海岸です。



- episode3 終 章 -

まるで映画のスティングかジェフリー・ディーヴァーの小説を思わせる大どんでん返しが待っていました。
もちろん、結論を導き出したのは私ではなく、コメント欄に降臨した賢者の方々です。

私はこれまで、肩のトゲ状になった張り出し部分を重点的にポイントとし、そのうえで螺肋の状態などを検討しながらトゲとチヂミを区別してきたのですが、

なんと!肩のトゲ状の張り出しは見分けるポイントにはあらず!
トゲ状になったものでもチヂミハマヅトの1バリエーションとなる場合があることが判明致しました。w(゚ロ゚;)wおぉぉっぉ!

以前、このブログでこれは絶対トゲハマヅトだろうと思ってとして紹介したトゲトゲしい個体もなんとチヂミハマヅト。
これまで、トゲハマヅトの袋に入っていた十何個もの個体がぜーんぶチヂミハマヅトに。

トゲハマヅトは幻なのか?ほんとうはいないんじゃないのか?

その時、またもやコメント欄から一筋の光が。「八重山のサンドポンプからトゲハマヅトが採れているよ」と。
さらに掲示板には沖縄産のトゲハマヅトの写真まで。
神は見捨てなかった。私にもいつかトゲハマヅトを手にすることができるんだと・・・・・・・・・・(T-T)


さて、馬鹿話はこのくらいにして、コメント欄で指摘して頂いた判別ポイントを書いておきます。

〔トゲハマヅト〕

シルエットはチヂミに比べてスレンダーで縦肋上の結節も少なく滑らかな感じ。チヂミに比べるとツルッとした感じ。
体層では肩が棘状になるだけでなく、殻底に向かう部分も角張った様相を呈す。
色彩は一本の褐色の帯がある。

〔チヂミハマヅト〕

トゲと比べるとズングリした感じで、縦肋上の細かな結節が多く、ザラザラした感じ。
色彩は不規則な褐色点があります。場合よってはいくつかの細い褐色線が出ることがある。

もちろん、詳細はコメント欄と掲示板をご覧いただいた方が、というか是非ご覧ください。
たくさんの標本写真と詳細な解説を投稿して頂きました。コメント等いただいた皆様にはたいへん感謝しております。

前回トゲハマヅトとして紹介していた個体もこちらにアップしておきます。これもチヂミハマヅトです。
トゲハマヅト-腹面

トゲハマヅト-背面

こちらの大きさは15mm。採集場所はナビービーチです。

皆さんのお導きにより、モヤモヤしてたチヂミとトゲがこれでスッキリシマした。
とりあえず、これにて一件落着!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、おめでとうございます。

    トゲハマヅト、ゲットおめでとうございます。

    あと何個チヂミを拾ったらトゲに出会えるんだろう♪

    あぁ、歌の歌詞が一つ出来てしまいました。これでCDデビューできるかな(^_^)

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    今更ですがすみません・・・

    2年前の記事を蒸し返して申し訳ありません。

    こちらの記事は、トゲとチヂミについて明瞭に区別するための「神☆記事」というべきものだと(勝手に?)崇めているところなのですが(^^
    手持ちから出てきた個体で、ちょっとアドバイスを頂きたいものが出てきまして。

    掲示板の方にupさせて頂きましたので、どうかよろしくお願いいたします。

  3. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    大変勉強になりました!

    皆さま
    ようやく近海産図鑑での「チヂミ?」「トゲ?」の呪縛から解放されました^^;
    いや、本当に勉強になりました。
    ありがとうございました^^

  4. はらはち | URL | -

    kudamakiさん、こんばんわ。

    おかげさまで、たいへん勉強させて頂いてます。ここだけの話にしておくのはもったいないぐらいです。
    私も議論に参加したいところですが、こうした場を提供できただけでもたいへん嬉しく思っております。

    おおっ!トゲハマヅト、沖縄でも手にすることができるみたいですね。
    貝を拾うだけなら、あまり知識がなくても運があれば拾うことも可能ですからね。いつか私も拾い上げたいと思います。

    これからも、議論を呼ぶようなトンデモ紹介していきますよ~!
    その時にはまた、それは違うだろっ\(゚ロ゚ )とツッコミ入れてください。

  5. kudamaki | URL | SFo5/nok

    いいですねぇ

    こんばんは。
    皆さんのいろんなコメントで、わかりにくい種類が何かなんとなく分けられるようになっていく、こういう場所は他にはないですね。
    私は両種はおそらく一度は記載文を見ていると思いますが、ほとんど直観で分けていました。
    あらためて特徴がつかめてきた気がします。
    自慢ではないですが、私の手元に八重山のサンドポンプというトゲハマヅトが見つかりました。
    と言うことで、はらはちさん、次の種をお願いします。

  6. はらはち | URL | -

    リキシマンさん、コメントありがとうございます。

    トゲは幻となりましたが(T_T)、みんな一緒でちょっと安心しました。

    ピシッとタケを割ったような大岡裁き、とてもわかりやすいくスッキリしました。
    ゲの色帯は初耳でしたし、素人的にもわかりやすいですね。いくつかのサイトで紹介されていたトゲハマヅトにはちゃんと色帯がありました。

    いずれにしろ、プロポーションや螺肋の出方なども含めた総合的な判断が必要ですし、
    どっちつかずな微妙な個体もいるでしょうから、あやしいところは確定しないのが良いかもしれませんね。

    トゲがかなりレアものなのもよーくわかりました。いつかきっとゲットして見せます!
    沖縄にいるのかな?

  7. リキシマン | URL | -

    はらはちさん、
    近海図鑑のトゲとチヂミ、きつきつぼさんの見解のとおりだと思いますね。あれは両方ともチヂミでしょうね。
    トゲとチヂミの相違点は何でしょうか、そこがはっきりしていないと困りますね。単にトゲが顕著だからトゲ? そういうものでもないでしょうし・・・
    私はつぎのように結論づけて悩むのをやめました。
    トゲハマヅトは体層では肩が棘状になるだけでなく、殻底に向かう部分も角張った様相を呈する。図鑑によってはこのことをbiangulate(2角立った)と表現しています。
    次に彫刻については、特にチヂミは螺肋が目立つのに対して、トゲではおとなしく、これはきつきつぼさんの仰るようにツルっとした印象ですね。
    最後に色彩。チヂミは不規則な褐色点があります。場合よってはいくつかの細い褐色線が出ることがある。一方トゲは一本の褐色の帯がある。すなわち、チヂミはまばらな班点、トゲは帯ということになります。
    となると、願いむなしく、やはりはらはちさんのは全部チヂミであろうと。
    ナニ、嘆くことはないですよ、リキシマンの標本もチヂミばかりですから。

  8. はらはち | URL | -

    うちの子大丈夫でしょうか?

    きつきつぼ さん、こんにちわ。
    近海図のトゲとチヂミはほんと微妙ですよね。あれを見ながら同定していると胃が痛くなってきます(T_T)

    でも、そうなるとトゲのあるなしではなく、ザラザラ感のあるなしがポイントになりそうですね。
    ということは、チヂミハマヅトのところで審議中になっている個体もチヂミでOKになりますね。

    さらに、私が持っていてトゲにしていたやつはほとんどチヂミになりそうです。

    でもって、うちのブログで紹介したトゲハマヅトは結構ツルツル感があると思うのですが、
    この程度のツルツルでいいのでしょうか?亜成体だからだと思いますが、ずんぐりむっくりなのがちょっと気がかりです。
      ↓
    http://shellbox.blog106.fc2.com/blog-entry-287.html

    見て頂けますでしょうか。よろしくお願いします。

  9. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    トゲハマヅトだった筈が・・・・

    うちにあるトゲハマヅトとチヂミハマヅトを見比べてみました。
    POPPE図鑑やCATALOGUE and BIBLIOGRAPHY of the MARINE SHELL-BEARING MOLLUSCA of JAPANやフデ、ミノムシ関係の図鑑を見てみました。
    ところが私がトゲハマヅトとしている標本がチヂミハマヅトのバリエーションである事がわかりました。
    大まかに分けてみると

    トゲハマヅト(図鑑上の写真)
    シルエットはチヂミに比べてスレンダーで縦肋上の結節も少なく滑らかな感じ。チヂミに比べるとツルッとした感じ。

    チヂミハマヅト
    トゲと比べるとズングリした感じで、縦肋上の細かな結節が多く、ザラザラした感じ。

    結論から言うと、近海図のチヂミとトゲはチヂミのバリエーションの感じがします。
    つまり、私の所有しているトゲハマヅトはチヂミハマヅトのトゲが強くなったバリエーションだと言う事に気が付きました。
    1種類減ってしまいました・・・・

    掲示板に画像を乗っけておきますね。
    見てみてください!!

  10. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんばんわ。

    ご賛同ありがとうございます(^_^)/

    この2種類も線引きはむずかしいですよね。
    たくさんの標本をならべたら、トゲとチヂミはつながらないのかなと思います。



  11. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    トゲとチヂミ、微妙すぎますよね^^;

    この個体だったら、チヂミにしちゃいます。
    チヂミでよいのじゃないでしょうか^^

  12. はらはち | URL | -

    sidatamiさん、もしかしてトゲ?

    あれ、やっちゃったかな?

    そういわれると、ガラスの自信がガラガラと((;゚Д゚)))
    と、と、とりあえず私がトゲハマヅトと思ってるのをアップしてみます。
    その時またご感想ください。

  13. sidatami | URL | zjYrGLtU

    確かにトゲハマヅトよりは丸い感じですが・・・
    この貝も多少尖ってますので、最初こちらを拾うと
    迷いますよね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。