--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウツノガイ (ゾウゲツノガイ科)

23:38

Graptacme aciculum
リュウキュウツノガイ-全体

リュウキュウツノガイ-肛口部

あまり貝とは認識しづらい形をしてますが、立派な貝です。一応貝殻はゆる~くですが巻いているそうです。
筒状になった殻の上と下は孔が空いています。

リュウキュウツノガイは似てるやつが多いので見分けにくいですが、2枚目の写真にあるように、殻頂に小さく浅い切れ込みが入るので、区別できるかな。

しかし、これって巻き貝?思われる方もいるでしょうが、巻貝や二枚貝類ではありません。
掘足類と書いて「くっそくるい」と読む別のグループになるそうです。

採集場所は中城の海岸です。大きさは40mm。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. しゅり | URL | -

    ウズウズ?

    お久し振りです。

    さて、
    ウズウズするほど採集出来てませんが(笑)

    大潮の時に干潟に行かれるのをオススメします。

    今度、田芋畑の通りに在るMでコーヒーでも飲みに行きませんか?
    その隣りのSに在るMでドーナツでも良いよ(^^ゞ

    勧誘・物品販売はしませんので安心して下さい(笑)

  2. はらはち | URL | -

    素潜り。やっぱり一度はチャレンジしないとだめですよね。

    -2~3mくらいならいけるかな?
    10年以上海で泳いでないんですよね(T_T)
    ニュースで時々流れるシュノーケリングでおぼれる中高年の事故が頭をよぎります。

    でも、沖縄貝だよりのしゅりさんのサイトをみてるとウズウズしてきます。
    今年は一回ぐらい防水カメラ持っていってみたいと思ってはいます。
    行ったときには報告しますね。

  3. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    素潜り

    リュウキュウツノは割と浅い所に棲んでいるので、シュノーケリングで採集できます。いつも採集する方法は、-2m~3m程潜って行って砂地を手ザルで掬って篩いながら浮上します。運が良ければザルの中に貝が残っています。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。