イササボラ (フジツガイ科)

23:11

Gyrineum pusillum
イササボラ-腹面

イササボラ-背面

小振りで派手目の模様がお気に入りです。

何しろ4色使いの貝ですからね。
図鑑によると白、淡紅、紫、黒などの色帯があるとのことですが、殻色は変異が多く、これらの色が出ないものも多いようです。

殻色ではベニアラレボラに似たピンク色のやつもいるようなので、殻の表面が格子状になるところが見分けるポイントになるかと。ベニアラレボラはイボイボですからね。

和名は細小法螺と書くそうですが、学名のpusillumも小さいという意味だそうです。
大きさ14mm。採集場所は名護のビーチです。

沖縄はついに梅雨明けのようです!!今日の日射しは痛かった。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、ご返答ありがとうございます。

    なるほど、石や死サンゴ、ヤギとかにくっついてあがるんですか。
    結構しっかりくっついてるものなんですね。

    いつも貴重な情報ありがとうございます。とても勉強になります。

  2. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    漁屑採集

    刺し網の漁屑採集では、大型の貝は直接網に絡まってくるものがありますが、小型種や微小種になると、網に絡まって揚がってくる石礫や沈木、死サンゴなどに、ウミウサギガイ科の貝はヤギやイソバナ、トゲトサカなどのソフトコーラルに付いて揚がってきます。

  3. はらはち | URL | -

    漁労屑採集も一度やってみたい、はらはちです。

    きつきつぼ さん、こんばんわ。

    ウネイササボラはさすがに素潜りじゃ取れませんね(笑)
    同じイササボラでもこんなに住むところが違うんですね。

    エビ網にもかかると書いてあるサイトがありましたが、他の何かにくっついたまま揚げられてくるんでしょうか?
    よくウミウサギとかも取れるとか紹介されてたりするんですが、どうやって?といつも不思議に思ってます。
    是非教えてくださいm(_ _)m

  4. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    和歌山あたりの-40~80mの刺し網ではウネイササボラと言うもっと大ぶりで色使いの淡い、彫刻も控えめな貝が採集できます。
    和歌山でも浅い場所にもイササボラは棲んでいます。
    こちらは、-2mくらいの転石下にいます。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks