--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガレシボリダマ (タマガイ科)

23:17

Tanea areolata
ナガレシボリダマ01-腹面

ナガレシボリダマ01-背面

ツヤツヤよーヽ(‘ ∇‘ )ノ

タマガイにしては殻が薄く、うっすら透けて見えます。
模様のほうは「く」の字が2列並んだような感じですが、
上の個体でも比較的模様がわかる方で、なかにはよーく見ればなんとか分かるぐらいのものもあります。
そんなやつは、ぱっと見薄茶色の無地に見えるので要注意。

こちらは珍しく模様がはっきりしてる個体。
ナガレシボリダマ02-腹面

ナガレシボリダマ02-背面

大きさは上の方で15mm。下のやつは10mm。
採集場所は名護のビーチです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    目録作成がんばってください!!

    あれで4千円は安いですよね。
    日本近海産なんちゃらがだいたい5000種ですから、
    約半分の種類数が、なんと!お値段10分の1!(声裏返り)さらに今ならプリンターもおつけします!

    わたしはちょっと迷ってます。

    会社のプリンターは厳しいですか。ちょっと一般向けの案ではなかったですね。
    一人残業がねらい目なんですけどねぇ。

  2. | URL | i8nyjXKg

    大分の貝目録、すごいですね!
    私もいつかは「天草の貝目録」残せるようにコツコツと拾いまくります(o`・ω・)ゞ

    このボリュームで4000円はお安いかも!と思いました。
    でも会社のプリンター使う度胸ない…(笑)

  3. はらはち | URL | -

    いえいえこちらこそ。

    図鑑の事を誰かに話したくてウズウズしてたので、話ができてすっきりしました。
    九州の方でしたら、こちらもお薦めかも。
    https://bookway.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_info&products_id=47

    大分の貝目録ですが、写真がたくさん(2300種?)載ってるようです。執筆者の執念が感じられる1冊です。
    PDFデータ購入で4千円!印刷はもちろん会社のプリンターをコソッと使わせてもらうのがベスト。
    リンク先で60ページほど立ち読みできますよ。

    二枚貝はパスします。

  4. | URL | i8nyjXKg

    お薦め図鑑情報、ありがとうございます!
    さっそく本屋で探してみますね。

    最近二枚貝も集め出しているのですが、まったく名前がわかりません(-ω-;)

  5. はらはち | URL | -

    朔 さん、こんばんわ。

    今までにたくさん拾ってるのに、ちらっと見ただけでそれと分かるのに、
    なぜか手が出てしまうやつっていますよね。
    わたしはリュウキュウヒメカタベです。
    たくさんもってるだろ、と自分に言い聞かせて置いて帰ります。

    図鑑といえば、まさかあの枕になりそうなぐらいぶ厚いあの図鑑を狙ってるんでしょうか?
    私も、時々借りてきて見させてもらったりしてますが、あるととっても便利なのはたしかです。
    わたしもいつかはきっと!とずーと思ってます。

    背中を押す意味では、図鑑は手にはいるときに買わないとたいていの場合あとで後悔することに。
    気が付いた時には、ふざけんな!って値段になってしまいますからね。

    図鑑でお薦めなのは「フィールドベスト図鑑 日本の貝1」(1が巻貝で2が二枚貝。2千円弱)です。
    同定のポイントがそれぞれ書かれてたり、欄外に名前の由来などの小ネタが載ってて暇なときパラパラめくるのには最適かと。値段の割には楽しめると思いますよ。

  6. | URL | i8nyjXKg

    タマガイですね。やっぱり、いいなぁタマガイ(*'-'*)
    見つけたら我慢できずに拾ってしまいます。
    微妙に模様が違っていたりすると『ん?持ってない貝かも!』と思ったりして。
    貝の図鑑、本格的なのを買おうかと悩み中です(高いからっ!)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。