--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月10日、貝バカ走る!と ホソスジテツボラ (アッキガイ科)

08:58

やっと3月の結果報告。肩で息をしてる感じです(;゚Д゚) =3=3

この日は勝連半島へ行ってきました。海歩きも、貝殻採集もしてきました。ついでに名護にも行ってきた。
こうなったら全部まとめてゴー、ゴー!(←カラ元気)

まずは、こちら。
また、またになる勝連半島
勝連の海岸-01

打ち上げ帯に沿って歩いていると、微小貝が結構落ちてます。
時間がなかったので微小貝まで手が回りませんでしたが、前回同様うひょーってやつが拾えました。
採集結果は最後の方で。
勝連の海岸-02

ここでの採集はそこそこに、もう一箇所。近くにある藪地島という離島に突撃!
まずは離島に架かる橋を渡るんですが、あれ?橋の向こうはすでに森の中。
勝連の橋を渡る

橋のたもとの龍の写真を撮りつつ、もう帰ろうかと考えてる。
勝連の橋

実はこの島、無人島で、車が通れるまともな道路も島の中央をとおる1本だけ。
道の両側にはまともな建物もなく、ジャングルの合間に所々畑があるだけ。うわぁ、どこの国なのっ(T_T)

心臓バクバクしながら、島の反対側まで車で行くと、写真のような海へ出る道らしきものがあります。
そばには大きな鍾乳洞もあってなかなかの雰囲気。とてもじゃないけど暗いときには来たくない。
海へ続く道

岩場に囲まれた小さな砂浜ががあります。明るいところにでて本気でほっとしました。
潮が満ちたら歩くところもほとんどなさそうな感じです。
気を取り直して、ざっと見て回りましたが、貝殻はあまり落ちてません。そんなときには・・・・
そして海へ

生貝観察!
ということで、さっそくニシキアマオブネを発見。
ニシキアマオブネ-01

これも実はニシキアマオブネ。
先ほどのツルピカとはうってかわってすり減って、色もほとんど落ちてます。
心なしか貝の顔も元気なさげ。触角もショボーン↓です。
ニシキアマオブネ-02

こちらはカンギク。岩場の貝の定番です。よくみると龍の背中のような貝殻です。
カンギクガイ

これは・・・アッキガイ科の仲間。口の方の写真撮り忘れたので種名は判別できず。
アッキガイ科

さらに、ややこしいのを見つけてしまいました。
えー、イシダタミアマオブネとかコシダカアマガイとかアラスジアマオブネとかマングローブアマガイとか、そのあたり。
どっかの都知事選のようです。
コシダカアマガイ-01

よくわかりませんが、口の内側が黄色いということで、コシダカアマガイじゃないかなと。
コシダカアマガイ-02

そして、きれいなネジガイを発見!死殻だったのでこれはお持ち帰りに。
ネジガイ

これも死殻。ガンゼキボラの小さいやつだと思います。
ガンゼキボラ

とまあこんなところでしょうか。勝連周辺での海歩き&貝殻採集でした。

最初の勝連の浜とあわせて3月10日採集結果はこんな感じです。
採集結果-110310
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

(勝連)フトスジムカシタモト?? オハグロガイ トラダマ ヤクシマダカラ サヤガタイモ ツヤイモ
オオシイノミクチキレ ミノムシガイ ヒメマツムシ カゴメギリ?

(藪地島)ガンゼキボラ ウキダカラ ネジガイ

綺麗で、大きさもばっちり手頃のミノムシガイがちょーうれしい!
普通種のヤクシマダカラも実は初ゲット。トラダマがだいぶすり減ってたのは残念でした。



終わりと思ったら大間違い。まだまだいくぞー(;゚Д゚) =3=3=3=3

性懲りもなく名護へ移動。同じ日の名護の海岸。 いつもの漁港そばの海岸へ。
名護の海岸

そこで見つけたのが下の貝。ホソスジテツボラさんです。なかなか立派な貝です。
立派すぎてうちの標本入れには絶対入らない。さんざん迷ったあげく、お持ち帰りを断念。
また見つけたとしても同じ結果になるのは目に見えているので、このままここで紹介します。



ホソスジテツボラ (アッキガイ科)
Purpura persica
ホソスジテツボラ-腹面

ホソスジテツボラ-背面

テツボラの名にふさわしい鉛色の殻がなかなか渋くて良い感じ。口の中のグラデーションがまたたまりません。
そっくりのテツボラという貝もいますが、
ホソスジテツボラのほうが殻頂が低く、殻表面の凸凹があまり目立ちません。
大きさ9cmぐらい。採集場所は名護の漁港そばの海岸。

持って帰ればよかったかなーと、今頃ちょっと後悔してます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    Re: 食べれます ← えぇ!!

    食べられるんですか?
    う~ん、食いではありそうですね。

    持って帰られてるあたりは、さすがです(´ー`)
    見習わないといけませんね。
    殻も取れて食べられるとあれば一石二鳥ですもんね。

  2. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    食べれます

    ホソスジテツボラを食べたことがあります。
    3年ほど前に、奄美大島の南にある加計呂間島へ行ったとき、民宿でシラクモガイとホソスジテツボラの塩茹でが出てきました。
    民宿のおばあちゃんが、潮の引いた夜磯で採ってくるそうです。
    両種共若干固く、貝の味としてはあっさりした感じなのを覚えています。
    勿論、殻と蓋は貰って帰ってきました。(他の泊り客の分も!!)

  3. はらはち | URL | -

    朔 さん、こんにちわ。

    すごい計画が進行中ですね。そのへんもブログになるのかな?

    天草は、むかーし長崎の方からフェリーで渡ったような気がします。
    離島がたくさんあったんですね。
    慌てていたのでフェリーに乗るところしか憶えてないんですが(T_T)たしか天草あたりだったような気が。

    大きいやつの小ぶりの貝とか拾えると大喜びする人なので、変わり者なのかもしれません。

    でも、後で後悔するより、とりあえず持って帰った方が絶対良いと思います!私が言うのも何ですが。
    いらなきゃあとで海に戻せばいいんだし。
    私は今頃ちょっと後悔してます。

  4. | URL | i8nyjXKg

    離島、しかも鍾乳洞つき・・・聞いただけでウズウズします!
    天草にも島がたくさんあって、全島制覇の計画たててます。橋が架かっている島は全部回ったので、今はフェリーか海上タクシーで渡る離島に挑戦中(笑)

    ウキダカラはいまだに巡り会ってない貝です。いつか見つけたい・・・
    ヤクシマダカラ、ピカピカですね~。最近大きい貝にも興味をひかれています。
    大きい貝と言えば・・・
    ホソスジテツボラ!! せっかく見つけたのに~!ヽ(≧Д≦)ノ
    でも、標本入れに入らないから、と諦められるはらはちさんのおおらかさにちょっと感動。なんでも欲しいと思っちゃう私が欲張りなんですよね~(笑)

  5. はらはち | URL | -

    sidatami さん、こんばんわ

    ちゃんと計ったのではないですが、私の手のひらからはみ出てたので8cm以上は確実!
    鳥羽水族館のギャラリーをみらた7cmでしたので、9cmは大きいみたいですね。
    拾ってこなかったのは失敗したかな。

    オオチヂミボラもsidatamiさんのHPで見てきました。
    確かに形がよく似てます。所違えどってやつですね。
    茶色になるところが、北の貝っぽいですね。

  6. sidatami | URL | zjYrGLtU

    ホソスジテツボラ、良い貝ですね~
    9センチとはなかなか良いサイズではないでしょうか。
    アッキガイ科の中でも特に好きなのがチヂミボラ類で、
    形の似ているテツボラ類もお気に入りです。
    形では、オオチヂミボラに最も近く見えます・・!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。