リュウキュウヒメカタベ (サザエ科)

08:49

Liotina peronii
リュウキュウヒメカタベ01-上

リュウキュウヒメカタベ01-横

リュウキュウヒメカタベ01-下

以前、カザグルマヒメカタベを紹介しましたが、あれに近い種類です。
拾う数ではこちらの方がはるかに多く、それほど珍しくはなさそうです。ビーチでよく拾います。

見分ける時のポイントは、殻を下から見た時、殻底に小さな穴の列が巻きに沿って一列あるところ。
これがあるのがリュウキュウヒメカタベだそうです。

大きさは8mm。

さて、こちらの写真。別種の様ですが、同じリュウキュウヒメカタベらしい。
別名コンゴウヒメカタベともいわれるやつで、こんな風にデコボコの激しいタイプだそうです。
リュウキュウヒメカタベ02-上

リュウキュウヒメカタベ02-横

だいぶ形がちがいますが、リュウキュウヒメカタベの特徴である穴の列が殻底に並んでます。
リュウキュウヒメカタベ02-下

リュウキュウヒメカタベは結構形のバリエーションがあって、デコボコがあまりないものとか、トゲトゲしかったりとそれぞれ個体差があるようです。

こちらも大きさは8mm。

念のため、両方とも殻頂は欠けていて、穴があいてます(T_T)


つ、ついに殻頂の残った殻を拾うことができました。拾ったのは潮間帯。
新鮮な貝殻を拾うなら、やっぱり潮間帯ですね。
殻表の細かなシワまではっきり残ってます!
リュウキュウヒメカタベ03-腹面

リュウキュウヒメカタベ03-背面

リュウキュウヒメカタベ03-殻頂
大きさ7mm。採集場所は夜のカーミージーです。
リュウキュウヒメカタベ03-殻底
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks