ウマノサワラビ (カツラガイ科)

12:48

Separatista blainvilleana
ウマノサワラビ-腹面

ウマノサワラビ-背面

ウマノサワラビ-下

シリーズものはちょっと一休みして、今回はちょっと変わった貝を。

大きさ6mmの小さな貝ですが、よく見ると巻き(螺層:らそう)が成長するにつれ離れています。

巻きが離れている貝と言えばミミズガイ科を思い浮かべますが、図鑑を調べるとクルマガイ科のウズマキグルマガイやナルトウズマキグルマとかは巻き始めからすぐに螺層が離れ、まるで蚊取り線香のようなやつもいるようです。
上には上がいるもんですね。
そうはいっても、この貝だって相当変わってます。不思議な形の貝ですよね。

ただ、珍品かどうかはわかりません。今まで拾った標本は3個。全部人工ビーチで、サンドポンプだと思います。
写真の個体は西原のビーチで拾いました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. はらはち | URL | -

    Re: 定点観測

    アオミオカタニシ、御利益あって良かったですね。
    ウタキではうまくすればオキナワヤマタニシやオキナワヤマタカマイマイ、南部だとあのアマノヤマタカマイマイも拝見できるかも!
    次の機会にまたご利益があるといいですね。

    コウジンカスミフデも拾ったんですか?うらやましいです。フデガイのなかでもぴかいちの美しい貝ですよね。
    これもまだ拾ったことないです(T_T)
    lunaさんはなかなか強運のもちぬしでは。

    内地の貝を・・・・悪魔のささやきです。
    ですが、一応今のところ自己採集だけでなんとか満足するようにしてます。
    とはいえ、内心ではもらっちゃいなよとささやく声が。
    いやいや。本当にありがとうございます。
    いつかどうしてもほしい内地の貝がでてきたらリクエストさせてください。
    ただ、lunaさんがほしい沖縄の貝があれば、やぶさかではありません。しょっぱい手持ちのコレクションでよければお譲りいたします。いつでも言ってください。

    ところで、lunaさんはブログとかやられてますか?lunaさんのコレクションも見てみたいです。
    秘密でなければ是非教えてください。

  3. luna | URL | pSJ6Fihk

    定点観測

    他人の芝生は、やはり蒼いですね。
    今回、初めての沖縄で「アオミオカタニシ」見つけて
    有頂天の高揚です。
    ウタキを拝んだ貝がありました。
    コウジンカスミフデ (アミメフデ) 黄塵霞筆9mm程度
    残波近くで見つけました。
    クロミナシも。。。
    とてもうらやましい南方の海辺。
    やはり蒼く見えます。

    いつか画像見てくださいね。
    もしくは、内地の貝で良かったらお送りしますよ。

  4. はらはち | URL | -

    早蕨。こんな漢字なんですね。

    由比ヶ浜!あちこち回る貝のサイトでよくみる地名です。
    貝拾いでは有名なんですよね。そんなところがホームとは。
    沖縄の海をよくうらやましがられますが、わたしは由比ヶ浜、材木座などなど、きっといつかはって思ってる所です。
    異常発生とかも、沖縄でよくみるのは潮干狩りの人が捨ててった大量のマガキガイの殻ぐらいですから(T_T)

    イトカケガイ!200個とか聞くとため息でます。大好物なんです。
    こっちは3分の1に欠けたチャマダライトカケ1個みつけて、とりあえず持ち帰ってるぐらいなのに。

    イソチドリ、残念ながら拾ったことないです。
    これもなかなか個性的な貝ですが、欠片とかも見た記憶ないですから沖縄では珍しいのかなぁ?
    拾ったときには必ずブログアップしましょう。期待せずにお待ちください。

  5. luna | URL | pSJ6Fihk

    早蕨

    サワラビガイは、ケヤリムシの水管にくっついています。
    とてもカタチの面白い巻貝のひとつですね。
    すばらしいですね。

    私のホームグランドは、相模湾の由比ガ浜です。
    同じ海岸ですが、いついっても海の様子が違っていて
    揚がる貝たちが毎年!日々で違っています。
    やはり、南の沖縄とは違いますね。
    昨年は、バカガイの異常発生。
    近年は、サクラガイがカバザクラより顕著に発生している様子。
    オオシイノミガイもこの数年異常発生中?
    イトカケの仲間は、多いときは200個体/日くらい拾える時が
    ありますよ。
    ネジガイ、ヒメネジガイ、シノブガイ、クレハガイ、クリンイトカケガイ
    オダマキ、セキモリ、エドイトカケ、ナガヒメネジガイ。。。
    小さいのは、ほとんど同定難解です。
    どうしても微小貝中心になってしまします。

    PS、イソチドリってありませんか?

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks