クレハガイ (イトカケガイ科)

09:00

Epitonium clementinum
クレハガイ-腹面

クレハガイ-背面

ジャ~ンと言いたくなるほど、ほぼ完璧なクレハガイです。
口の端から先っちょまで欠けることなく残ってます。(横に丸い穴はあいてますけどね(T_T))

シマシマ模様が特徴で、模様は下の方で3本、それ以外は2本の茶色の色帯が巻きに沿って入ります。

細長く感じるのは、たぶんまだ小さいから。成長するともっと末広がりになります。
大きさはは10mm。成長すると20mmぐらいになるそうです。

拾ったのは台風明けの名護の漁港そばの海岸。

台風の時期が恋しいです。
寒い冬はもうお腹いっぱいなので、そろそろ夏お願いします。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    Re: タイトルなし

    おぉ!お久しぶりですPJさん。
    元気でしたか?本年もよろしくお願いします。

    中身が残ってるときはホント持って帰るか悩みますよね。
    クリクリッとかピュッとかして取れたらどんなに楽かと思います。

    私も昔、中身の残ったハチジョウダカラを拾ったんですが、あまりの臭さに投げ捨ててしまいました。
    ピカピカだったのが、今でも心残りです。

  2. PJ | URL | -

    はらはちさん、こんばんは。
    PJです。ご無沙汰です。
    遅くなりましたが、本年も宜しくお願いします。
    今年も南国沖縄の綺麗な貝の紹介を楽しみにしています(^_^)v

    関東近海の打ち上げではネジガイが多いです。
    中身が残っていると処理が大変ですよね。
    ネジなんでドライバー(工具)を回して出てくれば良いのですが。失礼

  3. はらはち | URL | -

    Re: タイトルなし

    私も大好物です。なかなか手に入らないのも魅力の1つですよね。

  4. sidatami | URL | zjYrGLtU

    イトカゲガイ科の貝は大好きです。クレハガイ、褐色の縞に白い縦肋が最高です!
    北海道ではエゾイトカケ、オホーツクイトカケ、ホッキョクイトカケなどがいますが、
    打ち上げで得られる深さに棲んでいないのが残念です。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks