--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備瀬崎海岸で貝探し

08:56

昨年の話になりますが、備瀬に貝殻拾いに行ってきました。

まだ、天気もよく伊江島のたっちゅーもはっきり見えました。たいへん気持ちのいい貝拾いとなったのですが、
備瀬崎海岸01

ないっ! 貝がない。
備瀬崎海岸02

欠けた貝殻ひとつ落ちてません。(ただし、食用で採ったと思われるマガキガイの殻だけはやたらゴロゴロしてる。)

集落にある掲示板のマップに書いてた貝殻拾いポイントとかにも行ったんですが、気持ちいいぐらい落ちてないです(T-T)

せっかく遠出したのに、このまま帰るわけにも行かないので・・・
困ったときには生貝探し。いつも逃げ道は用意しています。
がっかりしないで見ていってください。

備瀬崎の先のほうにあった、ビーチロックです。
備瀬崎海岸03

ビーチロックとは、砂浜の砂やらサンゴ片やらが炭酸カルシウムの作用で固められ、岩状になったものだそうです。
岩の表面をみると、取り込まれたサンゴ片が所々みられます。
備瀬崎-ビーチロック

そのビーチロックの岩肌にたくさん張り付いてるのはイボタマキビです。
大きさは1cm弱ぐらいの小さな貝ですが、潮が引いたあとでも平気でいます。
備瀬崎-イボタマキビ

これも上のイボタマキビとおなじタマキビ科の仲間、ホソスジウズラタマキビです。
備瀬崎-ホソスジウズラタマキビ

こちらの白い貝はキバアマガイ。これも岩場とかでよく見られる貝です。
備瀬崎-キバアマガイ

岩のくぼみにびっしりつまってるのは、二枚貝のヘリトリアオリです。
備瀬崎-ヘリトリアオリ

マダライモ。こいつは拾った死殻より生きてるときのが殻が汚いようです。タカラガイとは真逆です。
備瀬崎-マダライモ

こちらは、コウダカカラマツガイ。この貝はいつも決まった場所(住み家?)があって、食事のために出歩いても潮が満ちてくるとちゃんと戻ってくるそうです。
備瀬崎-コウダカカラマツガイ

これはレイシダマシ。結構数は多かったです。死殻のようにも見えますが、ちゃんと中身はつまってます。
備瀬崎-レイシダマシ

砂の中に埋もれるようにしてるのは、ナガシマヤタテです。
備瀬崎-ナガシマヤタテ

本当に生きてるのか心配だったので、中身を確認。ちゃんとつまってますね。
備瀬崎-ナガシマヤタテ02

そしていつものノシガイ。
備瀬崎-ノシガイ

こちらも定番マルアマオブネ。
備瀬崎-マルアマオブネ

色が濃いめのハナビラダカラです。やっぱりタカラガイのツヤピカはいつみてもうっとり。
備瀬崎-ハナビラダカラ

こちらも砂に埋もれてます。
備瀬崎-クワノミカニモリ01

正体は、クワノミカニモリのようです。
備瀬崎-クワノミカニモリ02


潮が満ち始めだったので、あまり沖の方にも行けず、生貝もこんなもんでした(T_T)

実は去年、コメント欄で家族旅行に来られる方に備瀬を薦めてしまいまいした。行っていないことを祈りたいと思います。
本当にスイマセンでした。m(_ _)m

潮の流れとか、季節とかによってもたくさん打ち上がったり、波にぜんぶ流されてしまったりするので、備瀬がいつもこんな状態とは言い切れないのですが。
まあ、日頃の行いですかね。ははっ。


- おまけ -

貝以外です。

潮だまりにいたニセクロナマコ。触手?をのばして食事中のようでした。
備瀬崎-ニセクロナマコ

ハゼの仲間かな?
備瀬崎-ハゼ

貝は落ちてませんが、こんなものは落ちてます。死殻かと思ったら
備瀬崎-犬

中身が動きました。迷惑そうな顔はしてましたが、ほぼ無視でした。
備瀬崎-犬02

ビンにはりついたエボシガイ。カイといっても甲殻類の仲間。カメノテとかに近い種類です。
備瀬崎-ビンとエボシガイ

観光にはいい場所です。備瀬のフクギ並木とセットでお越しください。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    Re: タイトルなし

    lunaさんの沖縄旅行はサプライズつづきの楽しい旅行だったようですね。

    実は、備瀬の目的のもう1つが貝類の館だったのですが、貝殻拾いが不発に終わったショックで行きそびれてしまったんです(T_T)。

    次こそはって思ってます(グッ)。

    しかし、その生シラタマガイ一度で良いから見てみたいんですよ。あの殻でどんな軟体部なのかえらい気になります。
    やっぱり暖かくなったらまた行かないといけませんね。

  2. luna | URL | pSJ6Fihk

    このアオサを養殖されているお方こそ
    こちらの貝類の館の主らしい。
    道に迷って、偶然出会いました。
    貝の導きあり。
    アオサの下の転石や死珊瑚塊の下に
    とても大きな白玉が居ると教えて見せていただき
    とても驚きました。
    3日の短い沖縄の旅でしたが出逢いはdeepでした。

  3. はらはち | URL | -

    Re: タイトルなし

    やっぱりそうですよね。
    そうなると、また備瀬はまたチャレンジしなければいけないかな。

    はずれの日の帰り道は疲れ百倍ですよね。

  4. sidatami | URL | zjYrGLtU

    浜は季節によって状態がかなり変化するので・・・
    この間来た時は大漁だったのに、今回は全くない、ということもあります。
    いっも当たりとは限りません。どちらかというと僕はハズレが多いです。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。