イボウミニナ (ウミニナ科)

11:17

Batillaria zonalis
イボウミニナ-腹面

イボウミニナ-背面

イボウミニナ-横

雪をかぶったツリーに見えなくもないということで、クリスマスも終わった26日に紹介するのも何ですが、イボウミニナです。

生貝や見分け方等々、こちらで書いてますので詳細はそちらで。

レッドリストにも載ってる貝ですが、食べるとおいしいそうです。

大きさは21mm。採集場所はやっぱりこちらです。

スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    Re: タイトルなし

    イボウミニナの名刺とは、また洒落てますね。
    やっぱり瀬長にいましたか。あそこのマングローブもいつかは行かないとと思ってるんです。冬場は鳥屋さんの目があるので入りづらいと思いますが、いずれそのうちフッフッフッ・・・

  2. シマナイチャー | URL | SFo5/nok

    なるほど、やはり貸しボートのある内湾でしたか。以前私の名刺に、内湾産のイボウミニナが群がる写真を使っていましたよ。瀬長では、北東側にある遊水池のマングローブ周辺に多く生息していた気がします。そういえば、その時クロツラヘラサギがきていました。

  3. はらはち | URL | -

    Re: タイトルなし

    ここ2,3日とくに寒いですねー。内地生まれの私ですが、昼間ですら外に出るのは心が折れそうです。

    リュウキュウウミニナはシマナイチャーさんが大好きだと行ってた内湾の貸しボート屋あるところなんですが、わかりますか?湾の右側の方です。
    1個体だけポツンといるのも変な感じですよね。
    そういえば、死骸だけなら瀬長島でも拾ったことがあります。生きたやつもいるのかな?

  4. シマナイチャー | URL | SFo5/nok

    お久しぶりです。たくさん湧いているのは、本島北西らへんでしょうか。北東でも場所によって1個体だけ見つかったりする不思議なやつらですね。リュウキュウウミニナに1個体だけ混じってるなんてことがたまにあります。寒いですが、冬休みは夜間のいざりに行く予定です。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks