シロアンボイナ (イモガイ科)

23:46

Conus tulipa
シロアンボイナ-腹面

シロアンボイナ-背面

実は、激似のムラサキアンボイナというのもいまして、これも見た目が紫色ですから、ムラサキアンボイナじゃないの?と思いそうですが、その通りです。私も思います。白くないじゃんと。

しかし、図鑑やネットで調べると、どうもシロのようです。
見分けるポイントですが、シロアンボイナの方は、殻頂部の肩のところがわずかにデコボコしてるようです。
また、ムラサキアンボイナはもっと色が濃く、特に茶褐色が強く出る感じかと。

濃いやつに比べれば、シロっぽいからシロアンボイナってことなんでしょうか?

ところで、アンボイナの名前でおわかりかと思いますが、これも猛毒をもつ種類です。
綺麗な貝ですがうかつに手を出すと、命も危ないようです。

打上採集ぐらいがちょうどいいですね。

大きさは29mm。採集場所は北部の方の海岸だったと思います(T_T)



写真追加しました。
立派なシロアンボイナです(^_^)
シロアンボイナ-腹面

シロアンボイナ-背面

シロアンボイナ-殻頂

大きさ69mm。採集場所は中部のリーフです。やっぱり白くないですね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks