--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツモモの一種 (ニシキウズガイ科)

23:53

Clanculus sp
ナツモモの一種-腹面

ナツモモの一種-殻頂

ナツモモの一種-お尻

上の個体は口のところが欠けているので、口のところはこちらを参照してください。
ナツモモの一種02-腹面

この貝あまり情報がありません。
「日本近海産貝類図鑑」や「沖縄の海の貝・陸の貝」にはこんな模様のナツモモは掲載されてないようです。

「日本の貝1」という図鑑にはシロナツモモという似た貝が掲載されています。
でも、シロナツモモは点々模様の赤色は黒だし、ベースの色ももっと茶色がかっています。

シロナツモモの色違いぐらいに思ってたのですが、どうも違うようです。

海外サイトを覗いてたらClanculus gemmulifer gemmuliferという学名の模様が結構似ている貝を見つけました。
シロナツモモがClanculus gemmulifer pallidusですから、亜種にあたるようです。

和名が付いてないのかもしれないですね。私の検索力ではここまでが精一杯。
いつの日か日本の図鑑に載ることを期待したいと思います。

ご指摘いただきました。
学名は Clanculus simoni になるようです。これで検索すると海外サイトにそっくりの貝が紹介されていますね。

学名を探すのには該当しそうな科名や属名を調べて、それをキーワード検索し、
内容もろくにわからない海外サイトをウロウロしないといけない根気のある作業です。
皆さんは、その苦難を乗り越え、恐ろしい執念により各種学名にたどり着いているわけです。
私も時々チャレンジするのですが、たどり着くことは稀でして、まさにレアもの貝殻を拾うがごとくです。
ご指摘いただいている皆さんには深く感謝申し上げます。
私も、不明種ばかりで逃げないで、頑張って種名特定に励みたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | EBUSheBA

    ただいまPC故障中(T_T)

    はるさ~さんご指摘ありがとうございます。しゅりさん、ご返答ありがとうございます。

    この貝もいくつか拾ってるので、きれいな写真を差し替えたいなと思ってます。
    学名はさっそく修正しておきますね~(^-^)/

    でも、その前にPCをどうになしないと。自分のメールも確認できない状況です(T_T)エ~ン

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    確認しましした。

    はいさいしゅりさん。サンドポンプ&やん深採集なんですね。
    比較用シロナツモモ採集しなきゃと思うのでした(^^)

  3. しゅり | URL | -

    はるさ~さん、しゅりもこの名前にしてますよ。
    本島の北部の深場でも採集されてますよ。

  4. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    はいさい。気になるナツモモ作業していたら、こちらに当たりました。
    Clanculus simoni☚これに近くないでしょうか?
    私も一個採集しました。人口ビーチものでしょうか?

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。