シマアラレボラ (フジツガイ科)

22:16

Gyrineum gyrineum
シマアラレボラ-腹面

シマアラレボラ-背面

写真の貝は15mmぐらいです。まだ幼い貝のようだし、少しすり減ってるせいか丸みを帯びてます。
しっかり成長した(30mmぐらいになるそうです)きれいな貝なら、もう少しがっしりして、殻長も尖った感じになります。

それでも、手持ちの中では一番シマシマ模様がしっかり残った、我が家のエースです(TーT)。

成長した姿のやつにいつか会えるのを楽しみにしています。
採集は名護の東海岸です。



それから行く年月、とりあえず成長した姿にはお目にかかれたのですが、出会った貝はなぜか黒く汚れたヤツばかり。
かといって、上の写真のように、ちびた幼貝みたいな貝だけ載せておくのもなんですので、とりあえず雰囲気だけでもわかって頂ければと思い、成長して道をちょっと踏み外してしまったガン黒のシマアラレボラを紹介しておきます。
シマアラレボラ-腹面

シマアラレボラ-背面

大きさ35mm。採集場所は勝連半島の海岸です。

そのうち、綺麗なシマアラレボラを紹介したいと思います。それまでもうしばらくお待ちください。


やっとその機会が訪れました。2014年夏のA&W浜にて。
小さいけれど、立派なシマアラレボラをゲット!!
最初に紹介したのが2010年の6月ですから、丸4年がかりでの目標達成となりました。継続は力なり(*゚ー゚)
シマアラレボラ03-腹面

シマアラレボラ03-背面

シマアラレボラ03-背面02
大きさ22mm。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    Re: かわいい扁平。

    おぉ!ホラガイと海のトリトンにそんなつながりがあったんだ。
    あのゴーゴートリットーンのトリトンですよね?
    そういえば、登場人物のだれかがピンクの巻貝を持って歩いてたたような記憶があります。あれはホラガイということなんですかね。
    手塚治虫原作というのも初めて知りました。
    でも、アニメを大好きでよくみてましたよ。主題歌も良く歌ってたし。

    そうですね。フジツガイ科やアクキガイ科の貝はほんとに人の想像を超えた形をしてると思います。
    繊細なやつも多いし、だからこそ拾ったときの感動もひとしおなのかな。

    おもしろい情報ありがとうございます。和名や学名の由来を調べるのおもしろいですよね。こんな話大好きです。


  2. luna | URL | pSJ6Fihk

    かわいい扁平。

    フジツガイ科 シマアラレボラ
    Gyrineum gyrinum (Linnaeus, 1758)
    ホラガイってなどが入る科
    Charonia tritonis (Linnaeus, 1758)
    ホラガイの学名って。。。トリトンって言うんですよね。
    手塚治虫先生の「海のトリトン」ってここから来ている。
    アクキガイに次ぐ巻貝の不思議なカタチの仲間が
    フジツガイの仲間ですね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks