--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリジアガイ (アッキガイ科)

19:56

Phrygiomurex sculptilis
フリジアガイ-腹面

フリジアガイ-背面

縄文土器風の網目が特徴のフリジアガイです。
殻もそうですが、名前もちょっと変わってます。
フリージアガイとかフレジャーガイと表記している図鑑やサイトもありました。
名前の由来を是非知りたいものです。

この貝は生きてるときから殻頂が欠けてしまうことが多いそうですが、この貝殻はとりあえず残ってるようです。

下の殻はちょっとくたびれてますが、上の殻より大きいやつです。
殻の彫刻も、ごっつくなってます。
口の方もお見せしたかったのですが、残念ながら欠けてボロボロです。
フリジアガイ-大

大きさは、小さい方で17mm。大きい方は殻頂が欠けてますが18mmあります。

採集場所はどちらも西原のビーチです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。