ミヨリオトメフデ (ツクシガイ科)

23:31

Pusia consanguinea
ミヨリオトメフデ-腹面

ミヨリオトメフデ-背面

特徴は、丸味のある殻と赤褐色地に白点の模様が並ぶところ。特に中央付近の白点が大きかったり、より白かったりするところが見分けるポイントかな。

大きさは12mm。採集場所はたぶん西原のビーチあたりのような気が。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    コメントありがとうございますm( _ _ )m

    参考にしていただいてるとは、うれしい言葉です。
    内地の方からすると、確かに沖縄の海はうらやましく思うのでしょうね。
    何を隠そう私も、もとはナイチャー(内地の人)です。
    その気持ちはよくわかります。
    でも、逆に私は内地の海にもあこがれます。材木座海岸とかいってみたいです。
    あと、車であちこち行けるのもうらやましい。
    お互い無いものねだりなんでしょうけど。

    PJさんに喜んでもらえるようなブログになるよう日々精進致します。
    今後ともよろしく。

  2. PJ | URL | yFlUmU.c

    はじめまして

    はじめまして、はらはち様。
    PJと申します。
    通りすがりでちょっと拝見させて頂きました。
    いろんなの拾ってますね。羨ましいです。
    沖縄で拾える貝が見られるので参考になります!
    東京なので沖縄や離島には年に数回しか行けません。
    また遊びに来ますので宜しくお願いします。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks