--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クビキレガイ (クビキレガイ科)

11:37

Truncatella guerinii
クビキレガイ-腹面

クビキレガイ-背面

クビキレガイとは物騒な名前ですが、名前の由来は成長すると殻の先の部分がとれてしまうからだそうです。
上の写真はすでに先がとれてしまったやつです。

大きさは9mm。採集場所は南部の大度海岸です。


-おまけ-

クビキレガイ-先あり
上の写真は、奇跡的?に先がまだ残っていた貝殻です。白い部分が通常折れてなくなってしまうところです。
幼貝だとまだこんな感じで先があるのがふつうですが、これは口がとりあえず形になっているので成貝だと思います。

先の方は非常にもろくて、実は洗ってる間に結局折れてしまい、あわてて接着剤でくっつけました。
だいぶあわてたようで、先の方は横にずれてくっついてしまいました(T_T)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。