レイシダマシ (アッキガイ科)

23:10

Morula granulata
レイシダマシ01-腹面

レイシダマシ01-背面

この貝の紹介文の出だしが半月前に書いたウネシロレイシダマシとほとんど一緒だったのに気付いて、あわてて書き直しました。
最近、文章がネタ切れ感でいっぱいです。写真を多くしてごまかしてるのがバレバレ。他にもやってそうで怖いです。

始めの頃を読み返すと、訳もなくハイテンションで、色々しゃべってる自分がいじらしい。

というわけで、前半は書き直しましたが、ここからは以前の文章のままです。
レイシダマシはイボイボに丸味があり、イボイボも黒褐色。白いイボイボはありません。
イボイボ同士がつながってたり格子状になることもないです。

上の貝はまだ若い個体なのでイボイボの間も黒褐色ですが、下の成長した貝はイボイボの間が白くなります。
黒い口に白い歯もポイントかな。

レイシダマシ02-腹面

レイシダマシ02-背面

大きさは、上のやつが16mm。下の方は18mmです。下の方は先っぽが溶失(溶けてなくなる)してるので、大きさはあまりかわらないですが、ごつさは成長のあかしです。

この茶色がかった黒はワビとかサビとかに通じるんじゃないかと。思わずウットリです。

採集場所は上が宜野湾のビーチ、下は名護のとある漁港そばの海岸です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks