--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の海 ひねもすのたりのたりかな?

23:38

昼間の潮干狩りは、今時期が勝負のようです。
夏場、特に後半はあまり潮も引かなくなるので、今しかない!と干潟へ突撃!!

今回向かった先は、以前かなりいい思いをした恩納村の海岸です。
祝日ということもあり、私の他にも家族連れがわんさか来てまして、駐車場は賑やかです。
場違いな雰囲気に怖じ気づきながら、さっさと干潟へ。
リーフ近く

それではさっそく。
まずは岸寄りでいくつか石をめくっていたら、抱擁中のカップル登場。邪魔されたせいで、ご立腹の様子(^_^;)
茹でダコにしてやろうかとも思いましたが、後ろめたさには耐えられそうにもないので、戻してやることに。
岩礁タコ×2

どいつもこいつもいちゃつきやがってと内心悪態をつきつつ(T_T)、気を取り直して一人寂しく貝探しスタート!!
スポンサーサイト

クモリフデ (フデガイ科)

23:36

Swainsonia fusca
クモリフデ_腹面

クモリフデ-背面

沖縄はすでに梅雨入りしたようで、ダラダラと雨が降り続いています。
それじゃあ梅雨入り記念ということで、ジメジメした気分を吹っ飛ばすスペシャル企画!!気象和名シリーズ!!
(゚∀゚)/ドンドンドン、ワーーー 今回は曇り筆!!

次のネタも察しがつきそうですが、たぶんそれで正解です。
短いシリーズになるのは目に見えてますが、とりあえず次回も気象和名ネタです(^_^)。

大きさ17mm。採集場所は今年初拾いの時の瀬底ビーチです。 

コガラシフデ (フデガイ科)

23:26

Subcancilla annulata
コガラシフデ-腹面

コガラシフデ-背面

コガラシフデ-口

気象ネタシリーズ第二弾、さあみなさん、思っていたのと同じでしたでしょうか。
梅雨なのに木枯らしはないだろ~、とか言いっこなし!!
前回も言いましたが、それほどネタがあるわけじゃあない。見切り発車もいいところです。
それが当ブログの売りなんです。
なんだったら、クモガイでもありだと思ってるぐらいです。

そんなわけで今回はコガラシフデですが、クモリフデとは違ってがんばればゲットの可能性は十分あります。
A&W浜では、いくつか拾ってます。
個人的な感想ですが、雰囲気だけでいうと、こちらの方がレア感あるんですけどね~。
とはいえ、たぶんみなさんお持ちでしょう。しかも殻頂がもっとちゃんと、びしっとあるやつを。

さて、種小名の annulata ですが、「環状」という意味があるそうです。
螺肋の事でしょうかね?

大きさ23mm。採集場所はA&W浜

イワカワトキワ (ヤツシロガイ科)

22:07

Malea pomum
イワカワトキワ-腹面

イワカワトキワ-背面

イワカワトキワ-殻頂

ついにヤツシロガイ科の登場です!!
えっ、気象和名シリーズ?ちょっと、何いってるか分かりません(゚д゚ )ハァ?

ヤツシロガイ科は、なかなかお目にかかることのできない奴ばかりです。気象じゃなくて希少なんです(゚∩゚*)
ほ~ら、つながったでしょ。

このイワカワトキワもたま~に拾いますが、殻頂の欠けたのとか口がちゃんとできていないような奴ばかりでした。
それがついに、今年の初拾いにてやっとまともな貝殻を拾うことができました。

この丸さがなんともたまりませんね(^_^)

さて、和名のイワカワトキワのイワカワですが、どうも人の名前くさいですね。
「貝類」「岩川」で検索してみたところ、案の定、岩川友太郎という貝類研究者の名前が出てきました。
この岩川さんという方は、日本の貝類研究の草分け的存在の人で、日本で初めて分類学的手法に基づく貝類目録を作成したとってもエライ方なんだそうですw(゚ロ゚;)ワオ

オキニシ科のイワカワウネボラは岩川氏への献名であるとの検索結果も。
そう言われてみると、ほかにもイワカワの名前が付いた貝はイワカワチグサやイワカワフデなんかもありますね。
これももしかしたら献名された貝なのかも。

つづて学名の方はというと、種小名の pomum を検索してみた所、ラテン語で「果物」や「果実」の意味があるそうです。
フムフム(*゚ー゚)なるほど。丸いですもんね~。色もオレンジ色っぽいですし。

以上の話は名前の由来についての確証があるわけではないですので、あくまでご参考までに。

大きさ46mm。採集場所はこちらです。

ひゃっはー! 潮干狩りだぜ~(゚∀゚)

13:51

タイトルだけはムダにハイテンションですが、中身の方はいつもどおりです。

さて、先日の梅雨の晴れ間。このときは潮の時期もちょうどよく。
どこへ行こうかとソワソワしていたら、久しぶりに私の携帯がブルブル震えております。寒いの?
しゅりさんから潮干狩りのお誘いでした!
一人で言っても楽しくないですからね~(^_^) とういことで、梅雨とは思えぬ陽気の中、とある干潟へと向かいました。
干潟
本日は、内地からのスペシャルゲストを先頭に、総勢5人による、ワイワイガヤガヤとじつに楽しい潮干狩りとなりました。
それではさっそく、行ってみましょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。