シマオトメフデ (ツクシガイ科)

23:34

Pusia discolaria
シマオトメフデ-腹面

シマオトメフデ-背面

大きさ10mm。採集場所はA&W浜。
拾った数は今まで3個。小さな貝なので見つけにくいこともあるでしょうが、あまり数は多くないのかも。
鳥羽水族館のネットショップを覗いてみたらなんと600円Σ(゚д゚ )コレ1個が豆腐チャンプルーに化けるなんて。
マックならチキンフィレオが2個も。うまい棒なら2ヶ月毎日食べられる。恐るべしシマオトメフデ。
あぁ、後光がさしてみえる。

人によってはゴミなんですよね~(>_<)イッチャダメ~

そう言えば、自分の持ってる標本、まとめて売ったら幾らになるかな~とか考えたことある人(^_^)/ ハイハイハ~イ
私は俗物なものですから、時々考えてはニヤニヤしています。
まあ、実際買う人もいないでしょうけどね。夢は夢のままに、ニヤニヤしてるうちが楽しいんです(╹◡╹)
スポンサーサイト

転石海岸に行ってきた (゜∀゜)イェーィ

22:43

ここも9月初めに行ってきたやつですが、そのあとすぐに西表スペシャルが入ったり、忙しかったりしまして、
なかなか整理が追いつかず今頃となりました。今年のネタは今年のうちに。なんとか滑り込みセーフ。

場所は北部のとある転石海岸。満潮時の波打ち際まで崖がせまる、なかなか秘境チックな場所。
まあ、あくまで見た目だけです。アクセするのはいたって簡単。駐車場からちょっとした斜面を下りてすぐ。
転石海岸

こちらで、いろいろ生貝を探してきたので、写真50枚を一挙に紹介!
ただし、枚数が多いので、コメントは雑になりがち(>_<) そのかわり、サクッと読めるぞ!



近場で憂さ晴らし 久しぶりのキラキラビーチ編

23:11

風邪引いたり、忙しかったりの11月、12月。なかなか貝拾いに行けずストレス激たまり。
この溢れ出るリビドーをどうにかしないと、どうにかなりそうです。

そんなある日、用事があってメイクマンに向かったはずがなぜかビーチにΣ(゚д゚ )
これは夢かしら(╹◡╹)
キラキラビーチ

来てしまったならしょうがないな~。貝でも拾って行くかぁ。じゃあ、浜の端からいきますか~(´∀`)
う~ん、満潮線付近には打ち上げ帯がチラホラできています。貝拾いをしている人もチラホラいたようで。
まだらな打ち上げ帯

30分だけの短期決戦、果たして結果やいかに!!

ルリガンゼキ (アッキガイ科)

12:16

Marchia purpureus
ルリガンゼキ-腹面

ルリガンゼキ-背面

今月は更新の数も減っていることから、量より質で勝負!ということにしといてね(゚∀゚)
そんなわけで、ついに登場!ルリガンゼキ様。大物です。なにしろ沖縄の海の貝・陸の貝では稀産なり!

だいぶ摩耗はしていますが、殻口の紫色や口の周りのヒダヒダは奇跡的に残ってます。
何しろ稀産ですからね。拾えただけでも儲けものや。

だがしかし。
この前の大チョンボから完全に立ち直っておらず、これもルリガンゼキじゃないのではとビクビクです(((;゜Д゜)))
図鑑のルリガンゼキよりだいぶ細身なのが気になってしょうがない。
でもでもでも、鳥羽水族館のルリガンゼキはこのぐらいの細さなので、きっと大丈夫。
もっと無難なヤツにしておけばと今は後悔している。

大きさ24mm。採集場所はA&W浜。
台風の名残となる打ち寄せる波をかわしながら、岩に挟まっていたこいつとのご対面。
よーく覚えています。

西原で寒さこらえて拾っています (((´д`)))

22:53

寒い、寒い、寒い(`Д´)
首筋がギシギシ言うほど寒い。貝拾いどころじゃないよ!

沖縄は曇りや雨の天気が続き、最低気温も10度に手が届きそうな所をウロウロしている状況。
せっかく正月休みに入ったは良いが、これで外に出ろって方がどうかしてる。イザリなんて、もってのほか。

ということで、明日の天気次第では、今年最後になるかも知れない貝殻採集です。

先週の休みの晴れ間を狙って、近場である西原のキラキラビーチに行ってきました。
さすがに、これだけ寒いと人はほとんどいませんでした。波打ち際をウロウロしているだけで、どうかしてるんじゃないかと思われそうです。
西原キラキラビーチ
とは言え、12月に入り、そこそこ波が立ちそうな強い風も吹いていたので、
貝があがっているのではないかと気にはなっておりました。
果たして、結果やいかに!