FC2ブログ


カバミナシ (イモガイ科)

23:21

Conus vexillum vexillum
カバミナシ-腹面

カバミナシ-背面

カバミナシ-殻頂

ヤギ3号が内地に向かって進んでいるようです。そちらはスタンバイOKでしょうか。
こちらは雨すら降らず、平常運転です(T_T)。

採集ネタも尽きたので、しばらくイモガイシリーズを。第一弾はカバミナシ。

醤油をハケで塗ってから、かるく炭火であぶってみました。これが意外といける(嘘)。
そんな雰囲気のイモガイです(^_^)

和名のカバミナシは漢字では「樺身無」になります。身無はイモガイの別称ですので、樺が何の意味なのか?
ググッてみたら樺は色の名前で、「赤みを帯びた黄色」を樺色と言うそうです。納得ですね。
カバミナシ-タイプ別
殻頂の平らなタイプもいるようです。
模様のバリエーションも多いとのことですが、数も少ないようなので模様の違いを見る機会もありません。
生貝なんていつ見られることやら。

大型のイモガイで大きくなると10cm以上になるそうですが、私の手持ちは50mmそこそこなので、まだまだひよっこ。
左が瀬嵩で、右は与那の転石海岸でそれぞれ拾いました。
スポンサーサイト