FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ヒラマキイモ (イモガイ科)

21:58

Conus planorbis
ヒラマキイモ01-腹面

ヒラマキイモ01-背面

ヒラマキイモ01-殻頂

場所によってはザクザク打ち上がるいたって普通の種類です。
私のなかだけの話しですが、これがスタンダードなイモガイということになってます。なんとなく、そんな気が。

さてこのヒラマキイモ、模様にバリエーションがありまして、
上の個体は薄茶色のべた塗りですが、下の個体はうっすら白帯が入ります。
ヒラマキイモ02-腹面

ヒラマキイモ02-背面

さらに、こちらは小型ながら色濃いめの個体。
ヒラマキイモ03-腹面

ヒラマキイモ03-背面

さらにさらに、色のバリエーションはとどまるところを知らず、
 ↓ 白地に焦げ茶色のまだら模様(逆かも)が入ると、サラサミナシモドキという名前まである別タイプのヒラマキイモになります。
一番上の普通のヒラマキイモと下のサラサミナシモドキはだいぶ雰囲気が違いますが、両タイプの中間型やさらにその間のタイプなど徐々に変化し、様々なバリエーションとなるようです。
サラサミナシモドキ

サラサミナシモドキのほうはまだボロカスの個体1個のみなので、ちゃんとしたヤツを手に入れたらまた紹介したいと思います。

ちなみに、ヒラマキイモの学名の planorbis は、ラテン語で planus (平たい)と orbis (円形)を合わせたものだそうです。
殻頂のことかな。

大きさは上から34mm、33mm、29mm。最後のサラサミナシモドキもたぶん30mmぐらいかな。
採集場所はA&W浜。

A&W浜は先日も行ってきたばかりですが、やっぱりザクザク落ちてました(^_^)/
梅雨もあけたし、そろそろ川や海へとくり出したいところですが、
最近は移動と2時間程度の貝拾いだけで腰がバキバキ(T_T)。みなさんのように弾丸ツアーは無理だと悟りました。
地元の利を生かして、コツコツ稼いでいくしかないなと(^_^;)

アイ ワズ ボーン トゥー ラブ シェル ♪

18:56

梅雨明けましたね~

さっそく台風もやってきて、夏が来たっ!って感じです。

北へ向かう移動中も自然とテンションがあがります(*゚ー゚)

移動は高速を使わず下からなので、片道2時間弱の移動になります。
これをいかに有意義に、気持ちを盛り上げて行くが、その後の収穫にも大きく関わってくるんです。
そのため、最近は昔のCDを引っ張り出してきて、さらにテンションを上げて北へと向かっております。
海へと続く道
この日のBGMはクイーンにブランキー。もちろん声を張り上げ歌っております。
もう、車のなかでこぶしを振り上げながら(=゚□゚)ノ

 ヤセイモ (イモガイ科)

10:53

Conus emaciatus
ヤセイモ-腹面

ヤセイモ-背面

ヤセイモ-殻頂

キヌカツギイモと比べると、かなりスマートなイモガイです。
体層に粗い螺条(スジ)を巡らすのも特徴のひとつ。1枚目の写真をみると螺条がくっきり見えるかと。

種小名の emaciatus は和名と一緒。
他にこれといった特徴も無いのでいたしかたないのかもしれませんが、螺条の特徴もあるじゃないかと。
名は体を表すじゃありませんが、せっかくですのでよりヤセイモらしい和名を考えてみました。
ヤセアバラウキイモ、さらにひねってダイエットイモ、ジャイアントババイモ・・・・
あぁ、遠くへ行ってしまう(-_-)

最近忙しくてね~

採集は恩納村のナビービーチ。
大きさ35mm。成長すると60mmになるそうです。

貝みっけ! - 靴のままマングローブ歩きできるかな -

23:26

沖縄本島のとあるマングローブ。
用事があったついでに寄ってみたのですが、ちょうど潮も引き、干潟が顔を出しています。
すでに用事も済んで、後は帰るだけの状態♪(´ε` )
未踏のマングローブだし、そのうち行こうと思っていた場所なので、下見がてらちょっくら貝探し。
とあるマングローブマングローブ前面の干潟

しかし、マングローブ必需品の長靴は当然持って来てません。
とりあえず、靴で行けそうなところをざっと歩いてみるかと。白いプーマのスニーカーがヘドロに飲み込まれないように慎重に歩きます。
マングローブ林の奥は無理としても手前の干潟のはしっこあたりはなんとか行けそうです。

 ジュズカケサヤガタイモ (イモガイ科)

23:50

Conus coronatus
ジュズカケサヤガタイモ01-腹面

ジュズカケサヤガタイモ01-背面

ジュズカケサヤガタイモ01-殻頂

こぶりのイモガイです。
あまり思い入れのない種類でしたが、こうしてみると結構カワイイ系ですね。ちょっと愛着湧きそうです(^_^)

ご親戚のサヤガタイモは茶色ですが、こちらはどちらかと言えば灰色がかった色が多いかな。
体層に点線模様が何列も入る点でも、サヤガタイモとは区別できるかと。
個体によって多少バリエーションがありまして、褐色のまだら模様が体層に入る場合も。
あと、肩のところのイボイボがサヤガタイモより目立ちません。

こちらがその褐色のまだら模様が入ったタイプ。部分的にですが殻皮が残ってます。
ジュズカケサヤガタイモ02-腹面

ジュズカケサヤガタイモ02-背面
大きさは上が22mm。下のは20mm無いぐらいだったかな。
サヤガタイモにしろジュズカケサヤガタイモにしろ普通種でして、打ち上げではよく見るし、
生貝なんかも時々見かけます。
最近では持って帰ることも少なくなりました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。