ヒモカケシリキレボラ (コロモガイ科)

23:34

Tritonoharpa antiquata
ヒモカケシリキレボラ-背面

ヒモカケシリキレボラ-腹面

ハタガイ、マキザサ、チョウチンフデ、ハルシャガイと、最近ちょっと派手めな貝がつづいたので、
久しぶりに地味~なやつで。

この貝、ずっとセコバイ科だと思ってたら、コロモガイ科だったんですね。よく調べたらどうやら昔はセコバイ科だったようです
ヒモカケセコバイと混同しがちですが、それで納得。

写真の貝殻は東江の人口ビーチで拾いました。サンドポンプ物なので、穴があるのはご愛敬。
大きさ20mm。
通常拾うのは1cm前後なので、この個体はちょっと大きめです。

気が付いたら3月に入ってしまいました。更新が滞りがちで申し訳ございません。
ネタはあるにはあるのですが、記事をアップするヒマが無い状態でして、泣き言しか出てきません(´;ω;`)。

沖縄ももう、だいぶあったかくなって参りました。春というより、ちょい夏ぐらい(^_^)。
仕事の合間、空を見上げながら夏の採集計画をあれこれ妄想するのが最近の唯一の楽しみです。
通常運転は4月になってからだと思いますが、それまではボチボチお付き合い下さい。
それではまた。
スポンサーサイト

コゲイロホラダマシ (エゾバイ科)

22:15

Caducifer truncata
コゲイロホラダマシ-腹面

コゲイロホラダマシ-背面

私の中では、この貝は前回のヒモカケシリキレボラと同じグループということになっていたのですが、
実はなんとエゾバイ科。
特徴的な形ではありますがエゾバイ科のイメージがあまりなく、いまだに何科だったかすぐに忘れます(T_T)。

しかも、図鑑によってはシリオレホラダマシと同種とされ、シリオレホラダマシということに Σ(゚д゚ )エッー。

もともとシリオレホラダマシとされていた物は茶褐色と黄色のまだら模様だし、殻も太めのような気がします。
ただ、近海産図鑑でも「たぶん同種」というなんとも煮え切らない書きっぷりだったので、
またひっくり返るなんてこともなきにしもあらず?

コゲイロでOKとの意見もあるようのなので、ここはあえて強気のコゲイロホラダマシということに。

大きさ14mm。採集場所はA&Wの浜

やっと、ひと山超えてきました(;-_-) =3 しばらく通常運転に戻れそうかな。

貝殻採集結果-地獄の2月

19:33

暑い、暑い、暑い。
今週末の沖縄は日射しがハンパなかったです。夏!海!貝!!
ということで、仕事も一段落したので昨日さっそく貝拾いに行ってきました。が、
今回はブログの更新もままならないほど忙しかった2月の仕事の合間、
これ以上我慢したら遠くに行ってしまいそうな自分を慰めるために行ってきた貝拾いの結果報告を。

なにしろ忙しい中での用事の合間なので当然時間はないのですが、なければ作るしかありません。
朝でかける時間をちょこっと早め、まずは名護の東江海岸に寄り道。
東江海岸-01
人工ビーチには白い打ち上げ帯が。ちなみに、トップバナーの足跡はここの写真です。

ハナワレイシ (アッキガイ科)

23:12

Nassa francolina
ハナワレイシ-腹面

ハナワレイシ-背面

ハナワレイシのハナワですが、これはずっと花輪だと思ってました。白い帯状の模様が花輪なんだろうと。
開店祝いの方じゃなくて、シロツメグサとかの花でつくる冠みたいなヤツね。似てますよね白い模様が。
でも、違います(T_T)

漢字だと「塙」というあまりなじみのない字があてられています。
塙という漢字をヤホーで調べてみました。ヤホーによると「石の多い土地」という意味があるそうです。

なるほど、この貝の生息場所は沖の方の岩場です。
ハナワイモも岩場に多いですから、同じ意味かな。

大きさ43mm。採集場所は南部の海岸です。

春の日差しに返り討ちに遭う(T_T) の巻

09:46

春の訪れというか、列に割り込む夏のせいで、ギラギラの太陽が降り注いでます。
季節感もへったくれもありませんが、土日はゆっくり出来るようになったので心穏やかに貝拾いしてきました。
向かった先は、前回の成果が忘れられずにまた来ちゃいましたA&W浜。
A&Wの浜
前回より若干サンゴ片の山も薄くなってますが、
今日はもう全部ひっくり返すかのごとく貝をほじくり出したいと思います(゚ー゚☆キラーン。
誰もいない海岸を独り占めだ!!