ヌメリマクラ じゃないのかな? (マクラガイ科)

23:14

Oliva irisans ?
ヌメリマクラ-腹面

ヌメリマクラ-背面

当初ヌメリマクラとしていた、この貝。どうやらヌメリマクラじゃない、のか? ∑(*゚д゚*)どっちやねん
記事の内容が二転三転しております。
今後の成り行き次第で流れる雲のように記事を書き換えていきたいと思っております(^-^;)
あたたかく見守っていてください。
いまのところ結論が出ていないので、とりあえずマクラガイ科の一種ということに。

みなさんのご意見お待ちしておりますm( _ _ )m。



見分けるポイント 特徴は螺塔部分ですかね。
螺塔の大部分が滑層に覆われるため、巻きがほとんどないように見えます。
まるでおっぱいみたいです(〃'∇'〃)ゝ。

模様は、褐色のジグザグ模様があって、特に上、真ん中、下にそれぞれ濃い模様がでます。
この標本ではわかりませんが、口の中もうっすら紫色になるそうです。

大きさ18mm。
写真の殻はちょっと小さめで、成長すると40mmぐらいにはなるそうです。 

でも、なぜか拾うのは20mm前後の個体ばかり。大きいやつはなかなか拾えないんです(;д;)。
まあ、欠けが無くて、ツヤがあるだけでも儲けもの。見つけたときは素直に喜びましょうO(≧▽≦)O

採集場所は中城の海岸です。
スポンサーサイト

奇跡の打ち上げにウ~サンバッ! - 台風16号 編 序章

23:20

たいへん長らくお待たせ致しました。

みなさんお待ちかねの打ち上げ採集結果です。

観測史上最大最強と言われた台風16号(その名もサンバ)が本島北部を通過したのが先月の中旬。
中南部はそれほどの風もなく肩すかしを食らった感はいなめませんが、それなりに強い台風ではありました。

北部へ向かう道中も道には大量の落ち葉と折れた枝が散乱していました。

最初のポイント名護の21世紀の森ビーチでもこんな状態です。
でっかい大木も打ち上がってる。
名護のビーチ01

ところが、ゴミ以外が打ち上がっていない!貝はおろかサンゴ片もほぼ皆無。
名護のビーチ02

貝を探せど、うろつくオカヤドカリばかりヽ(゚皿゚)ムカツク
ここで1時間ニヤニヤしながら貝を拾いつつ、次の場所に向かう予定だったのに(T_T)
ヤドカリしかいない

早くも、ウハウハ計画の一画が崩れ去ることに。
だ、大丈夫。次はきっと大丈夫(;д;)

奇跡の打ち上げにウ~サンバッ! - 台風16号編 最終章

03:07

前回のフリはいかがでしたでしょうか?
引っ張りすぎだよとの無言の抗議が聞こえてきたのは気のせい?
本当にお待たせ致しました。台風16号での採集結果報告と参りましょう。

さっそく大物からご紹介します。
まずはイモガイ科。

ハルシャガイ×5 タガヤサンミナシ×5 ミカドミナシ×2 イボシマイモ アカシマミナシ×2
採集結果120917-01
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

改めてみると、なんでこんなに拾ったんだろうってぐらい拾ってますね。
ハルシャガイはまあ、わかる。何しろ、ずっと欲しくて、まともな殻を拾うことができなかった貝なので、
ついつい手が出てしまったんだと思います。
しかし、タガヤサンミナシやイボシマイモはこんなにいらんよね。
ウハウハ状態でどうかしてたんだと思います。

以下、タガが外れたまま突っ走ります。

怪人 貝人現る!!w(゚ロ゚;)w  台風17号編

23:22

観測史上と騒がれた台風16号より強烈だった台風17号。
ものすごい吹き返しの風で停電だったりしたのが先月末の土曜日。

しかし、のど元過ぎればなんとやらで、明けて日曜日には天気も回復し、さっそく貝拾いに。

せっかく掃除した国道58号線には、ふたたび大量の枝葉が。
写真に撮った時には気付かなかったのですが、今見たら奥の電柱傾いてるよ。
さらに折れた電柱や土台ごと倒れたバス停などなど。
あちこちで信号が止まっているし、警官が手信号で誘導している交差点もいくつもありました。
いやいや、たいへんなことになってるなと。
移動途中
貝とか拾ってる場合じゃないよね|ω・)。まったく罰当たりです。

アヤメダカラ (タカラガイ科)

23:37

Cypraea poraria
アヤメダカラ-背面

アヤメダカラ-口

アヤメダカラ-殻頂

きれいなタカラガイです。

背面の星空のような模様も好きですが、個人的には口の方の淡い紫色(アヤメ色)が大好きです。
名前の由来はもちろんアヤメ(菖蒲)からでしょう。

とても良い状態で拾えたこの殻、ツヤはもちろん色も濃くお気に入りの一品なのですが、
この色も月日と共に色あせてしまうそうです。
どれだけ大事に保管しても、何年か経つと色が抜けて、淡い色になってしまうそうな。

なんだか短歌の1つでも詠んでみたい心境ではありますが、学がないため顔文字で表現してみました。

(´・_・`)

大きさ17mm。採集場所は北部よりの干潟です。