--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】浜のゴミと青い空

11:17

最強台風通過とあれば、ゆっくり家で寝ている場合じゃありません。

さあ、貝拾いです。

気合い一発!
カラ元気のうえに「貝殻ザクザク、ウハウハだぜ!」と欲望をふりかけつつ、
寝不足と筋肉痛の体を引きずるように車に乗り込み、いざ北部へ出発です。

まずはココ。やっぱりおさえておきたい瀬嵩から。結局出発にダラダラしてしまったので、着いたのは昼頃。
台風の置き土産の流木や漂着ゴミが大量にうちあがってます。
瀬嵩の浜

果たして貝は!?
スポンサーサイト

貝みっけ! シジミ編

23:42

二日酔いにも良いらしいシジミ。みそ汁とか美味しいですよね。

ということで、今回はしみじみとシジミについて語ってみたいと思います。
水の中のシジミ水の中のシジミ02

沖縄にいるシジミといえば、マングローブにいるヒルギシジミですが、
完全な淡水域にもシジミが棲んでいます。

沖縄にいる種類はタイワンシジミのようなのですが、大宜味村嘉如嘉ではマシジミも採集されているそうです。

タイワンシジミはもともと中国や朝鮮・台湾産で、
それが食用として持ち込まれ、その後野生化して分布を広げたとのこと。
マシジミの方は日本在来のものですが、沖縄のマシジミについては人の手による移入種との話もあるようです。

マシジミとタイワンシジミの判別もかなり難しく、同一種(シノニム)ではとの話もあるぐらいです。
ここでは、とりあえずタイワンシジミとしておきたいと思います。

テツボラ (アッキガイ科)

11:48

Purpura panama
テツボラ-腹面

テツボラ-背面

近縁種のホソスジテツボラ(→この記事の一番下)に比べると、等間隔に太いスジが入り、デコボコ感も強い。

こちらのサイトでもちょうど話題になってますが、テツボラやホソスジテツボラ、食べると美味しいそうです。

学名(種小名)の由来はあのパナマかな?
きっとパナマだ。調べてないけどパナマだね。

大きさ60mm。採集場所は本島北部の海岸岩場です。

貝殻採集結果-120901

23:39

さてさて、お待たせしました。
先日の台風のおみやげを並べてみましょう。

行った順番に紹介します。

■ まずは、瀬嵩の浜から。

サヤガタイモ ヒラマキイモ キバフデ トラフクダマキ メオニノツノガイ
イボダカラ コモンダカラ セムシウミウサギ(初物!) カエンタケ(初物2)
リュウキュウナミノコ? → ナミノコ!!(初物3)
ナミノコはご指摘頂きました。いつもご指摘ありがとうございます(^_^)/
採集結果-瀬嵩
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

ここではホームラン級のセムシウミウサギとカエンタケをゲットできたのが最大の収穫でした。
地味にコモンダカラも小さめですが、ツルピカです。
さすが瀬嵩(^ω^)/期待を裏切りませんね。

おぉ、モウレツ ♪

19:39

いい加減うんざりですが、また週末に台風上陸となりそうです。

しかも、また観測記録を塗り替えるような強い台風だそうで、
14日15時の実況によると、

強さ「猛烈」、中心気圧 900hPa、最大瞬間風速は80m/sとのこと。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワ
台風 16号

今後少しは弱まるようですが、それでも「非常に強い」台風ですから、警戒を怠ってはいけません(・`ω´・ )

エッ?貝拾い?
それはもちろん、貝を拾ったかわりに命をおこっとす訳にはいきませんので、
グッとこらえて、土日はおとなしくブログのネタでも書いてようかとおもいます。
どうするべき?とか行ってる場合じゃなさそうです(^-^;)>

月曜日の午後ぐらいに風が収まって行けたらなーと思ってます。
とにかく、無理はしないように、大人の行動を心がけたいと思います。
いい年して言うセリフじゃないですね(T_T)。

九州のほうも影響は大きそうです。
みなさん、十分気をつけて週末お過ごしください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。