ロウソクガイ (イモガイ科)

00:12

Conus quercinus
ロウソクガイ-腹面

ロウソクガイ-背面

ロウソクガイ-殻頂

今回、図鑑を確認してビックリ!!!この貝の和名はロウソクイモじゃないんですってよΣ(゚д゚;)。

アカシマミナシの別名がロウソクイモというらしいのですが、それのせいでこんな中途半端な名前に??
だったらいっそのこと、まったく別の名前にすれば良かったのにねえ(・ε・)。
イモガイはやっぱり最後は~イモとか~ミナシにして欲しいですよね。
イメージしやすい名前って大事だと思う今日この頃です。

さて、このロウソクガイですが、生時は厚い殻皮に覆われているそうですが、
殻頂部にヒドロ虫が寄生しているなんて報告もあるようです。
ムシロガイ科では良く聞きますが、イモガイ科では初耳でした。

殻表面のスジ状の模様もあったり、なかったりするようですが、大きくなると消えるとかあるんでしょうかね?
なにはともあれ、私好みのきれいな貝です。

大きさ48mm。採集場所は名護の干潟にて。
スポンサーサイト

貝みっけ! -岩場編 その1-

12:34

用事のついでだったり、貝殻拾いの途中だったりで、ちょこちょこ生貝の方も探してたりするのですが、
普通種ばかりだったり、1,2種類しか探せなかったりする場合が多々ありまして、
これまではお蔵入りしていることが多々ありました。

紹介するほどでもないんだけどなあと思いつつも、それをそのまま眠らせておくのももったいないし、
記録として残しておきたいというのもありまして。

これからは、内容は期待できないですが、淡々と紹介していきたいと思います。
メモ程度の内容ですので、さらっと流して呼んで頂ければ幸いです。

場所は、この前の地味貝さがしでウロウロした海岸の近くです。
はまってしまった勢いで、探索範囲を広げて探してみました。用事の途中なのに(^-^;)

ご覧の通りの岩場ですが、こちらは飛沫帯よりさらに上の方。どちらかというとオカミミガイ科のテリトリー。
ノッチ

やっぱり普通種ばかりですが(T_T)、この前とはひと味違った貝が出てきます。

テツヤタテ (ツクシガイ科)

23:22

Zierliana ziervogelii
テツヤタテ-腹面

テツヤタテ-背面

黒光りのする無骨な貝です。

名前も「鉄矢立」と物々しい名前がついています。
ところが、「矢立」は弓矢とかその辺の武器の付属品かなにかかを連想して物々しいなと思ったのですが、
検索してみたら、墨壺と筆入れを一体化させた昔の筆記用具の意味もあるようで、
細長い筒に筆が入っていて、その筒の先に丸い墨壺が付いたものが紹介されていました。

確かに鉄製の矢立もあったりして、その墨壺部分は黒光りした丸い容器のため、この貝とイメージも重ならないでもないですが・・・・

ちなみに矢を入れる道具も矢立というようですが、それからこの貝をイメージするのはちょっと厳しい。

テツヤタテの名前がその携帯用の筆記用具からきたものなのかは毎度お馴染み私の勝手な推測ですので、
よそで言いふらさない方が懸命ですが、正解は他にあるのかな?

大きさ23mm。採集場所は与那の海岸です。

貝みっけ -護岸編-

10:17

プチ貝探しです。

今回はこの広大な干潟、
干潟の

のところにある護岸です。
護岸

人工構造物ですのであまり期待はできませんが、少しだけ覗いてみました。

何度目かの岩場で貝探し(T_T)

23:25

岩場ばかりでスイマセンm( _ _ )m。

この前の岩場より岩場の範囲も広く、雰囲気も良さげです。
岩場

こんなところや、
岩場その2

こんなところをウロウロしてきました。
岩場その3