--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンテン転石楽しいな!

23:35

なんだか下の方で色々盛り上がってるようですが、そこはさらっと流して貝探し行きましょう!ねっ。

ということで、連休と共に梅雨入りの沖縄は、常に雲が厚く覆い、雨が降っては止みのなかなかの天気となっています。
かといって、このまま手をこまねいていては、何もしないまま連休が過ぎてしまう可能性も。
それだけは避けなくてはなりません。

週間天気で雨のマークが続くなか、この日は何とか曇りの予報。転石帯を!とのリクエストも頂いたので、さっそく突撃してきました。

とは言え、転石帯がどこにあるのかもよく知らないので、googlemapでそれらしい場所に目星をつけて、あとは気合いで探すことに。

そして、目的地を目指して海岸線の道路を走っていたとき、
サイドミラー越しに切り立った崖に石がゴロゴロした海岸が。むぅっ。感じる。ここにはなにかが潜んでいる。
とは思うわけもなく、干潮時間までには余裕もあったので、ちょっと寄り道することに。気持ち的にはダメもとでした。

ということで前振りが長くなりましたが、今回の貝探しの場所がこちらになります。
転石帯
どうでしょうか?私がイメージする転石帯はこんな所なんですが。
ちょっと不安もよぎりつつ、とりあえず小雨がぱらついて来たので、悩んでいるヒマもなく突撃開始です。
スポンサーサイト

GWも貝三昧 -初恋はレモン味編-

23:22

ちょっと、燃え尽きた感のあるゴールデンウィーク。あちこち飛び回り、貝を探して歩いてました。
お陰でだいぶ更新が遅くなりましたが、連休ボケを吹き飛ばすつもりでガンガン更新したいと思います。

ということで、ゴールデンウィークも中日を過ぎて後半戦に入り、大潮が近づいている頃です。
天気も持ち直しているので、行かないわけにはいきませんでした。

今回は潮の時間もバッチリなので、転石から磯歩きへと、スペシャルコースでお届けします。
リーフ

最干潮までもう少しなので、まずは手前の転石帯から貝探しスタートです。

GWも貝三昧 -初恋の思い出ははるか遠く編-

23:25

さて、前回の続きといきましょう。

予告したとおり、潮も良い感じに引いてきたので、リーフの方へ行ってみたいと思います。
いざリーフへ

まずは、手前の潮だまりの砂地や岩場で貝を探しつつ沖を目指します。

LAST GW

23:39

GWネタも、ついに最後。
いい加減飽きもきたので、ここは一気に終わらせたいと思います。
ということで、一挙52枚の写真掲載! だいぶ長くなりますが、なにとぞお付き合いください。

今回の磯歩きには、百戦錬磨の貝マニア、Sさんに案内していただきました。
紹介する貝やその他の生物も、実はほとんどがSさんに見つけて頂きました。
貝のいる場所や見つけた貝の名前がポンポン出てくるSさん。貝探しも捗りました。Sさんには感謝感謝です。
訪れたのはそのSさんオススメの場所のひとつ。かなり遠浅の海で干潮時には広い範囲で干潟が見られる所です。

海岸に到着すると、すでにたくさんの人と車が。手前の砂浜はテントやBBQセットでびっちり。
せっかく海まで来て、こんなギュウギュウでやらなくてもと思ったりしましたが、あぁ日本人の性なのかと、ひとり納得。
そして沖にはすでにたくさんの潮干狩りの家族連れが!!

しまった、出遅れたか∑(゚ロ゚ )アッーー!
慌てて、支度をして海岸に降り立つと、目の前は一面の緑!砂浜近くには打ち上げられたのか大量の海藻が。
海藻

はやる気持ちをおさえつつ、まずはここから貝探しスタートです。

ハナワイモ (イモガイ科)

23:18

Conus sponsalis
ハナワイモ-腹面

ハナワイモ-背面

ハナワイモ-殻頂

今回は小ぶりのイモガイの仲間、ハナワイモです。特徴は白地に赤茶色の火焔模様が上と下に2列並ぶところ。

ハナワイモには同種ながら別タイプが二つあって、それぞれセイロンイモとシロセイロンイモと呼ばれています。
どちらもハナワイモに比べるとちょこっと細身で、赤茶色の火焔模様が全くないタイプがシロセイロンイモ。
また、体層中央のみに火焔模様があるのがセイロンイモだそうです。

以上の特徴からすると、下の3つは全部ハナワイモになると思いますが、それでもだいぶ個体差があるようです。
真ん中の個体なんて、もしかしてコマダライモ?と思ってしまうぐらい模様がガッツリ入ってます。
コマダライモは殻の上のほうまで螺肋があるのでこれはハナワイモでOKでしょう。(;-_-) =3 フゥ
ハナワイモ-バリエーション

大きさは最初のやつと左端のが同じもので18mm。真ん中も18mm。左端はちょっと大きくて21mmです。
採集場所は恩納村ナビービーチとか瀬嵩とかです。

生貝はこんな所で見かけました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。