--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな星の下に生まれたのかも

23:35

月をはさんで星二つ。
月と金星と木星

ふと空を見上げたら月がこんな状態でした。
久しぶりに貝以外の写真でも撮るかとシャッターを切ったのが3月26日のこと。

そして今日。
よそのブログを見ていたら同じような写真が。
どうやらこの日は月と金星と木星が一直線に並ぶ、約3時間だけの天体ショーが見られた日だったとのことΣ(゚д゚;)エーッ
しかも2008年12月以来の出来事だったらしい。知ってたらもっとちゃんと撮ったのに(T_T)

そう言えば、以前同じように前情報なしで月食にも偶然立ち会ってました。→その時の記事がこちら

私のセンサーはどうやら惑星の動きに敏感に反応するらしい。役に立つのか微妙な能力だな(^_^;)。
天文学者にでもなれば良かったんでしょうか?

かなり時期をはずしたネタになりましたが、たまには貝ネタ以外もいいかなと。
貝ネタの方は明日更新します。
スポンサーサイト

貝殻採集結果-20120322

23:27

先月末の海岸巡りによる採集結果です。

まずは定番。名護のビーチ。
ちょうど最干潮だったこともあり、かなり潮が引いています。
採集場所-名護のビーチ

砂でも持って帰ろうかな( ̄ー ̄)。



ベニウミフデ (フデガイ科)

22:03

Mitra imperialis
ベニウミフデ-腹面

ベニウミフデ-背面

久々のフデガイ科です。
フデガイ科はなぜか拾うチャンスが少なく、いつも私の手をすり抜けていきます(`ε´)ブー。
好きなグループではあるのですが、なかなか紹介できるような上等な標本が手に入りません。

これは最近ではなかなかのヒット。
残念ながら口の下の方が欠けいますが、この形と色合いが私のハートをがっちりキャッチ!
所々に入る白い模様が絶妙ですね。

見分けるポイントはこの模様と巻きに沿って何本も入る点々状の深い溝かな。

大きさ42mm。採集場所は北部のリーフ潮だまりです。


さて、ブログの横にある潮位グラフが大きく波打ち始めました。今週末は大潮です。
みなさん、手ぐすね引いて待ちかまえているんじゃないでしょうか?私もそのひとりではありますが(^_^)。
いまから、どこへ行こうかと頭を悩ませています。干潟?磯?それともマングローブ?
とりあえず、雨が降らないことを祈りましょう。

ゴーゴー潮干狩り! - 魅惑の岩場で貝探し -

22:45

たいへんお待たせ致しました。北の方のミサイル発射やら、なんやらで忙しかったもので(嘘)。

ホントの所は写真整理や種名の確認がなかなか手間取りまして、今頃になってしまいました。
何しろ紹介する写真だけでも130枚以上!ということで、4回に分けてお送りします海歩き。
長くなりますが、お付き合いください。

今回向かった先は、いつもお世話になっている某氏から入り方を教えて頂いた海岸。
岩場や砂地、藻場、リーフエッジとてんこ盛りの海岸です。潮もバッチリ大潮で、期待に胸が膨らみます。

さて、まずは岸寄りの岩場からです。赤茶色く見えるのはどうやら赤土のようです。
一抹の不安がよぎりますが、海水の残る場所には砂がたまり、コアマモらしき海草も生えてたりします。
岩場海草ちらほら

よさげな岩も転がってます。さっそく貝探しスタートです!!

ゴーゴー潮干狩り! - 禁断のリーフエッジへ -

23:24

さあ、潮干狩り第2弾です。お待たせした上に細切れのため、早めの続投で行きたいと思ってはいます。

前回はリーフへ向かいながらの岩場での貝探しでしたが、今回ついにリーフエッジに到着です!

画面中央の釣り人が立っているあたりがまさにリーフエッジ。
今回水につかるつもりはなかったので、とりあえず干出している岩場で貝を探します。
リーフエッジ到着?

後ろからはビニール袋や網袋にタガネのようなものを携えた、顔もほとんど見えない紫外線対策バッチリのおばちゃん達が続々とやってきています。中にはバールのようなものを持ったおっちゃんも。場所が場所なら逮捕ものです。
「食える貝を探しています。タカラガイ?なにそれ?」みたいなオーラがみなぎっています。

そこにひとり、デジカメとザルをもってウロウロしている男が。かなり浮いてました(T_T)。
そんな状況もビーチで鍛えられているのでへっちゃらです。黙々と岩をひっくり返したり、岩の隙間を覗いたり。

前回と同じ岩場ですが、この辺までくると棲んでる貝も変わってきますよ。それではさっそく。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。