FC2ブログ


ヤナギシボリダカラ (タカラガイ科)

23:33

Luria isabella isabella
ヤナギシボリダカラ-背面

ヤナギシボリダカラ-腹面

ヤナギシボリダカラ-殻頂

2012年最初の貝はどーんと景気よく、タカラガイでいってみましょう!

まあいたって普通の種類ですが、私にとってはお宝級のタカラガイ。
私がよく行く海岸での打ち上げ採取ではボロカス個体もほとんど見かけません。
寝る時間を削って歩いたリーフの潮だまりで拾った、執念の一個(T-T)。
傷もほとんどなく、たぶん死にたてホヤホヤ。

どうです?この模様。きれいでしょ?
墨汁を流したような細い線がなんとも和を感じさせる渋めの模様で、タカラガイの中でも特に好きな種類です。
ただし、黒線は個体によって多かったり少なかったり、ほとんどない個体もいるようです。

そんな和を感じさせるヤナギシボリダカラの和名の由来ももちろん和。
染め物の「柳絞り模様」が由来で、「柳の葉のような柄を染め出した絞り染め」のことだそうです。

なお、この個体は(背面から見て)殻の両端が黒くなっているので、ツマグロヤナギシボリダカラというタイプのようです。
普通のヤナギシボリダカラは殻の両端は黒くならず、赤茶色だそうです。
ただし、これを区別するかどうかはいろいろ意見もあるようですので、今回はヤナギシボリダカラとして紹介しておきます。

大きさ25mm。採集場所は北部のリーフ内です。
スポンサーサイト