トウガタガイ (トウガタガイ科)

23:52

Pyramidella dolabrata
トウガタガイ-腹面

トウガタガイ-背面

白地に薄茶色のストライプが入った、形もスマートな貝です。
ツヤもいい感じです。

口の所にネジネジがありますが、成長して口のまわりが反り返るぐらいになると、このネジネジは見えなくなるそうです。
写真の個体で大きさ17mm。成長すると35mmにもなるんですね。でかっ。

口が成長途中のお子様貝のようです。でもこのぐらいの大きさが好きです。

トウガタクチキレはこれの別名だそうです。

採集場所は、ちょっと昔の西原のビーチです。今は採れるかなぁって感じです。
スポンサーサイト

採集結果 20100825-26

01:14

先週の話になります。宜野座、辺野古と2日連続で貝の採集に行ってきました。

海から川から色々いったのですが、まずは海から。宜野座と辺野古の海岸で採集です。

初日の25日は宜野座の干潟をうろうろ。天気は良かったのですが雲がエライことになってます。
でっかい入道雲

先に結果を言いますと、宜野座の海は坊主でした。
坊主といえば丸い月。宜野座の月も涙でにじんでます(T_T)
宜野座の満月

次の日は辺野古へ。アダンのトンネルを抜けていくと。
辺野古の海岸-01

よさげな海岸が。珊瑚片もザクザク。
辺野古の海岸-02

貝もそこそこありましたが、ビーチグラスがたくさん打ち上がってます。
辺野古の海岸-03

なかなかきれいです。これも結構好きな方がいるようです。
辺野古の海岸-04

さて、採集の方ですが、残念ながらこの日はいまいちな結果に。
採集結果-100826
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

すべて辺野古の海岸で拾ったやつです。
種類の方は暫定報告です。
ヌノメカワニナ コウモリカノコ シチクモドキ大、小 ハナムシロ ミツカドボラ ツクシガイ科(シイノミツクシ?)
ツクシガイ科 ムシロガイ科? トウガタガイ科?

シチクモドキの欠けてないやつはややヒットでした。とりわけでかいのはミツカドボラです。

採集結果 20100904

00:08

台風最接近まで数時間という土曜日の午後、私は名護のビーチに一人たたずんでいます。
雲行き-01雲行き-02

誰もいない海。
風はそれほどではないですが、強い雨と晴れ間が交互にやって来ます。
誰もいない海

何をやってんだと問われれば、もちろん貝拾いだっと。
当然です。3年ぶりの台風7号直撃。行かないわけにはいかない。
土曜日行くか日曜に行くか、さんざん迷ったあげくの突撃でした。

行って正解だったと言わざるを得ません。ぱっと見た感じでなんか違うと思いました。
新鮮なものも多いですが、割れたり、欠けたりしたものも多く打ち上がってます。
さすが直撃。
打ち上げ帯

まずは名護のビーチの結果その1
なんといっても右上のツルピカなタカサゴビナ→サツマビナ。まだ身が残ってて、ハエがたかってたぐらい新鮮です。
クチグロマクラ ヌメリマクラ カバホシダカラ ヨツメダカラ ナツメモドキ チリメンイモフデ ヒメトクサバイ → シロコトクサバイ レイシボラ キマダライガレイシ ユキネズミ ネズミガイ ヤナギシボリキジビキガイ? コシイノミガイ? ジュズカケカニモリ ヤスリコトツブ → トガリコトツブ? ヒメキリガイダマシ
結果-0904nago01
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

名護のビーチの結果その2
スミレダマ ルビイフタナシシャジク ハナヤカフタナシシャジク? スカシガイ科 ハナヤカケボリ シロキリオレ ミツクチキリオレ科 ハラブトコトツブ シマオトメフデ? → ハマオトメフデ ツヤシイノミガイ? クダタマガイ ムシロチョウジガイ アッキガイ科(オトヒメサンゴヤドリ?) シラタマガイ コシラタマガイ
結果-0904nago02
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

さらに名護の漁港近くの海岸にも行ってきました。
ほぼ完璧なムラサキハラブトキリオレ シラタマガイ類(2種類ぐらいいるかな?) バラフシラタマ
ウキダカラ(22mm) こちらもほとんど欠けてないクレハガイ ジュドウマクラ ハイイロボラ→ハチボラ コモンスソキレ ウミヒメカノコ カシノメガイ
結果-0904nago03
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

雨の合間をぬっての1時間半ぐらいの採集でしたが、それでもかなり拾えたと思います。大満足でした。
やっぱり台風すごいです。

余談ですが、実はこの日ビーチにいたのは私一人ではありませんでした。
貝を拾ってうずくまっていると、すぐ近くで楽しげな笑い声が。
声の方をみると、凧上げしてる20代ぐらいのカップルが・・・・・とっても楽しそう。
ものすごい勢いで凧が舞い上がっていきます。

台風が近づいてるこの時間に海のそばで何やってんだ、まったく。
説教の一つでもしてやりたいところですが、ぐっとこらえて貝拾いを続けました。


次の日の日曜はずっと雨降り。やっぱり行って正解でした。
次の日も大雨

ニシキアマオブネ (アマオブネガイ科)

00:43

Neria polita
nisikiamaobune02-02.jpg

アマオブネガイ02-背面

岩礁海岸などでは、よくみかけるアマオブネガイのひとつです。図体もでかく、模様も派手なので見つけやすいかと。
ヌリツヤアマガイに似てますが、ニシキアマオブネは口の白い部分が広く、口の所のギザギザも大きいがあまり目立たないです。成長した個体は口の白い部分が盛り上がり、殻自体もヌリツヤより一回り大きくなります。

大きさは35mm。採集場所は恩納村のナビービーチ。




コベニフデ (フデガイ科)

22:31

Nebularia fraga
コベニフデ-腹面

コベニフデ-背面

写真のやつは色落ちしてるせいかオレンジ色ですが、本来は暗赤色ベースに白~黄色の点列模様が並びます。
この白い点列模様が見分けるポイントになります。

大きさは16mm。採集場所は名護の漁港そばの海岸です。

大きな個体が拾えたので写真を追加しました。
コベニフデ02-腹面

コベニフデ02-背面
採集場所はA&W浜。大きさ24mm。