FC2ブログ


名護のビーチで寄り道採集 - シラタマ大量入荷

21:19

立体感のある雲がすぐ近くの海から湧き上がってます。完璧な夏がやってきました。

夏の雲

ギンギラギンの太陽の中、用事があって名護にいってきました。
ちょっと時間があったというか無理やり作って、平日にもかかわらず名護のビーチへ突撃です。
名護のビーチ

早速波打ち際に歩いていくと、いつもより多めのゴミや流木が打上がってます。
こっ、これはもしかして!
打上げ帯に倒木が

ほぼ座り込んだ状態で、まさにカニ歩きのまま打上げ帯を横移動。
すると、おびただしい数のシラタマガイが!きゃあぁぁぁ
シラタマガイ帯

大好物のシラタマガイが大量に。壮観です。
平均してシラタマガイの多く打ち上がるこのビーチですが、冬から春先にかけてはだいぶ少なくなってました。
それと比例するように他の種類の貝も数は少なく、大漁とは行かない日々が続いてました。

しかし、今日は違います。ツヤピカのタカラガイはすでに拾われたのかほとんどなかったのですが、微少貝系がザクザク落ちてます。

何があった?
台風がきたわけでもないのに。

素人探偵の考えでは、ひとつは梅雨の大雨の影響。
大量に流れ込んだ雨水が、まだいたいけな新米の貝を痛めつけたのかも。

もうひとつ考えられるのは、潮の流れが変わったため。
これには裏づけがありまして、第十一管区海上保安部のHPをみたら季節ごとの沖縄の潮の流れを示した図が載っててですね。
これによると、冬場沖に向かって流れていた名護湾の潮の流れが、夏場の7月になるとその向きが逆になり陸に向かって流れるんだそうです。

まあ、正解を教えてくれる人もいないので、思いつきをだらだら書いただけに終わるのですが。
とにかく、上の話が正しいんだとすれば、これは週末また拾いに行かない手はないでしょう。
しかも三連休。

ちなみに、採集結果はざっくり整理が終わったらお知らせします。
40種類近く拾ってます。ふひっ。


スポンサーサイト