FC2ブログ


チリメンニナ (イトカケガイ科)

21:59

Cirsotrema varicosum
チリメンニナ

水深50~200mの深いところにいる貝です。そのせいなのか、沖から砂をもってきた人工ビーチ
のほうが落ちていることが多いような気がします。ツルピカのタカラガイもいいですが、このミクロな
彫刻のある貝も大好きです。

ありがたいコメント情報によると、じつはシュノーケルでもいけるような浅い海にもいるらしいとのこと。
あなたもこんなステキな貝の生きた姿が見れるかも。

情報も追加しておきます。大きさは大きい方で25mm。採集場所は西原のビーチです。
スポンサーサイト




採集結果 20100520

23:07

5月20日の貝殻採集結果

また、北部に行ってきました。名護周辺での採集です。

名護のビーチ5/20
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

まずは、前回と同じ名護のとあるビーチ。
今日は時間もたっぷりあったので、ミクロ系のモノを中心にみっちり行かせてもらいました。数は少なかったけど、なかなかの収穫。
初モノは、アズマコボレバケボリ(たぶん)、ハナゴウナ科のなにか?、フシイトカケ?、コゲイロホラダマシ
種名が怪しいのはもう少し調べてから、そのうち単品で掲載します。あと、サオトメエビスのようなシルエットなんだけどカゴメ模様のニシキウズガイの仲間を拾いました(左側の真ん中)なんだろう?(カゴサンショウガイモドキではきっとないと思う。)
そのほかでは、きれいなウニ殻、カミスジダカラ、ベニアラレボラ、シラタマガイ、バラフシラタマガイ、サオトメエビス、ムラクモコダマウサギ、ハナヤカケボリ、タイワンカヤノミガイなどなどでした。

北部東海岸
<画像をクリックすると大きな画像がみれます>

こちらは、名護の東海岸。
中央のハナゴウナ科のなにかは、種名はよく分からないが初物にちがいない。
ほかは、ヒロクチリスガイ、ハナビラダカラ、サメダカラ、シラタマガイ、そして久々のアサガオガイでした。

以上、楽しい平日の休みを満喫できました。