--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタゾコシタダミの一種 (ワタゾコシタダミ科)

18:56

Conradia sp.
ワタゾコシタダミ-腹面

ワタゾコシタダミ-背面

ワタゾコシタダミ-殻頂

ワタゾコシタダミ-殻底

今回はマイナーなグループ、ワタゾコシタダミ科を初紹介。
ニシキウズガイ科に似た雰囲気のあるグループですが、色は基本的に白色です。
殻表面は細かい彫刻があったりツルピカだったりします。

さて、紹介する貝殻の方ですが、
当初ワタゾコシタダミ科のワタゾコシタダミ(Conradia cingulifera)だと思ってラベルも付けてたし、そう思いこんで写真まで撮ったんですが、念のため図鑑をチェックしたら、う~んどうやら微妙に違うようです。
よく見ると写真の貝の殻高がちょっと低めですし、ワタゾコシタダミの分布は九州までとのこと。
なので、とりあえずワタゾコシタダミ科の一種ということに。

ボツにしようかとも思ったのですが、こういう細かい彫刻が入った貝は大好物だし、
せっかくですので掲載してみました。

大きさ7mm。採集場所ですが、たしかどっかのサンドポンプのお持ち帰り砂からだったと(^_^;)。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。