FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜り、砂掘り、堀之内(意味なし) その4

17:44

いい加減みなさんも飽きてきたかな?
私は飽きてきました(o^皿^) 
まだまだあるんですけど、とりあえず、ここでちょっと一段落。
もうちょっとだけお付き合いください。

左&中央:ヌノメモツボとかに近いなにかかな(オニノツノガイ科)
右:コウシボリチョウジガイ ?(ホソスジチョウジガイ科)
IB1711-02-054.jpg IB1711-02-050.jpg IB1711-02-056.jpg

スポンサーサイト

素潜り、砂掘り、堀之内(意味なし) その3

22:07

どんどん行きま~すヽ(゚∀゚)ノ 

不明クダマキガイ科トリオ
いきなり、一個もわかんねぇ(T_T)
IB1711-02-035.jpg IB1711-02-036.jpg IB1711-02-037.jpg


素潜り、砂掘り、堀之内(意味なし) その1

15:48

砂掘り第2弾!
今回はキリオレとは似て非なる口が右よりのケシカニモリ系です。
まずは、縞々トリオ

左はわからん。
真ん中のはシロスジサナギチビカニモリかと思いきや、茶色の顆粒列が2列じゃなくて1列だからちがうみたい。
右は Horologica rinaldii?                 
IB1711-02-022.jpg IB1711-02-028.jpg IB1711-02-032.jpg

基本的にわからない(T_T)。図鑑に全然載ってねぇ~!!!
はるさ~さんのブログが頼りです。ほぼ撃沈ですが、頑張っていきましょう!!

素潜り、砂掘り、堀之内(意味なし) その1

22:40

昨年の11月のことです。
この寒さでは素潜りに行ったあの海も、今は遠く。
気が付けば沖縄の桜は満開で、あともう少ししたら春なんですね~。
それでも、まだ寒さに震えながら夏の到来を待ち焦がれる日々です。
171129-IN012.jpg

さて今回は、その素潜りの時に採ってきた砂で貝拾いです。
この時期は正直打ち上げはショボショボでして、そんなときは砂掘りに限ります。
打ち上げメインの方も、どうかそっぽ向かずに見ていってやってください。

取ってきた場所は、中部のとある海。
同じ海ではありますが、1.サンゴ多め、2.サンゴやや少なめ、3.サンゴほとんどなし、の3箇所

取った砂はこのぐらい。たいした量ではないですが、ビーチの砂とは違ってやっぱり新鮮。
欠けも少ないし、色も鮮やかなのが多めです。
だから年末、夢中になってこの砂から貝をほじりだしーの、写真撮りーのしてたんですが、
もしかしたら、首の痛みはそのせいなのか???
いやいや。でも・・・・・いやいやいや。ははは(´・ω・`)
IB1711-00.jpg
グダグタ言ってないで、復帰一発目はどーーーんと数、種類ともに一番多かった、やぱりサンゴ多めのところから。
さあ、行ってみよーーヽ(゚∀゚)ノ 

GWいかがお過ごしですか。

21:45

私は、早速干潟へと出かけてきましたが、もう午前中から所々渋滞がはじまり、道はレンタカーで溢れています。
やっぱり、連休中はうちにいるのが一番(^-^)

干潟の方は写真の整理ができたらということで、とりあえず年明けすぐの貝拾いの成果でもご紹介します。
しばらくサボってたおかげでネタが古くて申し訳ないですが、お付き合いください。

場所は、南部の美々ビーチ。
ヒシガタに味をしめ、再度の突撃です。
とはいえ、人生そうそう甘くは無く、前回と比べるとだいぶグレードダウンしたのは否めませんが、それでもそれなりに変わったやつが出たりして、やっぱり砂堀楽しいなといいう結論には至っております。

成果はこんな感じです。
170129BB-001.jpg
なお、左下はついでに寄った南部の海岸で拾ったフタオビオトメです。以前、ご指摘いただいてPusia bizonaleとしていたやつです。
近海さん2号でようやく名前がついたようです。

170129BB-002.jpg

上のやつから、少しだけピックアップして紹介していきます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。