--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンボガイ (スイショウガイ科)

23:38

Terebellum terebellum terebellum
トンボガイ-腹面

トンボガイ-背面

だいぶ前に紹介したトンボガイですが、いつのまにやら追伸だらけに。
せっかくなので、日付を新しくして再掲載となりました。ご指摘頂いたみなさんには感謝感謝です(゚∀゚)/


後ろ姿がまるで鉛筆キャップなこの貝は、その名もトンボガイ。
鉛筆と言えばトンボですが、どちらも昆虫のトンボをイメージしてのネーミングだと思います。

■追伸その3
コメント欄よりトンボガイの由来について、ご指摘頂きました。
どうやらトンボガイの名前は蜻蛉が由来ではなく、「飛ぶ棒貝」がなまってトンボガイとなったそうです。
トブボウガイ→トボウガイ→トンボウガイ→トンボガイ、みだいなことだら?(o^皿^)



さて、なんでこんな形をしているかというと、これで砂のなかをグリグリ進むためです。

しかし、この形をみた時には、てっきり水中をロケットみたいにスイスイ泳ぐのかと。
二枚貝ですら水をはき出してグイグイ泳ぐヤツがいるぐらいですから、この形ならきっとやってくれると思ってました。

■追伸
期待はずれのトンボガイに肩を落としてたところ、コメント欄で情報提供いただきました。m( _ _ )m
なんとこの貝!驚かすと数十cmほど飛ぶそうです。

見たことはないけど、水の中を飛ぶ姿が目に浮かびます。やるときはやる。見た目通りのトンボガイさんでした。



■追伸の追伸
コメント欄にて、水中を飛び回るトンボガイの貴重な映像をご紹介頂きました!!
見る人が見れば、興奮ものです(*゚∀゚)=3
その貴重な映像はこちら→「西表島 瞬間移動する貝
さらにもういっちょ。
こちらはその飛び回るトンボガイの推進力がよく分かる映像です。→「西表島 トンボガイが飛べる仕組み

映像のご紹介およびリンクを快くご承諾いただいた石やんさん、ありがとうございましたm(_ _)m

似たヤツではウストンボガイという、もう少し殻頂が低くなるやつが内地の方にいるそうです。

大きさ33mm。採集場所はこちら


■追伸 その2
コメント欄でご指摘頂きました。
トンボガイを含むトンボガイ科の貝は現在、スイショウガイ科とされるのが一般的とのこと。
貝類の分類体系はどうも、素人の私には混乱しているというか、なんというか。
見る図鑑やサイトによって科の名前や目の名前がまちまちなので、素人泣かせで困ります。

私としましては、なじみのあるスイショウガイ科のほうが、ピンとくるところですので、
このブログではこれからスイショウガイ科で行きたいと思います。
ご指摘頂いた、通りすがりの方には深くお礼申し上げます。


ついでに、写真も追加しました。口がしっかりできた成体です。
トンボガイ02-腹面

トンボガイ02-背面
大きさ42mm。
採集場所は、春先に着たままほったらかしにしていたジャケットのポケットからでてきました(T_T)。
どこで拾ったのかまったく記憶にございません。
スポンサーサイト

君は覚えているか m9っ`Д´)

23:26

覚えてないだろうな~。

いや、オハグロガイで盛り上がった話しですよ(*゚∀゚)=3
ほんとにお歯黒のオハグロガイはいるのか、いないのか!
探偵に依頼したいくらいですが、相手にしてくれるわけもないので、自分で探すしかありません。
話しが盛下がったそのあともしつこ~くオハグロ探してはブログにアップしてましたが、懲りずにまたUPします!
もういい加減、良いんじゃないのとか言わないでどうかひとつお付き合いください。

これまでも機会があれば生貝だけでなく死殻もなるべくチェックしてはいたのですが、
この前の干潟歩きでも口の白いオハグロガイばかり。
こちらは死殻ですが右の奴なんて真っ白です。左の奴はちょっと黒いかな?
オハグロガイ-死殻

オハグロガイと名が付けられたぐらいですから、それでも昔は口の周りが黒かったはずなんでしょうが、
最近はめっきり白くなってしまったようで。口の黒い個体は死殻をたま~に見るばかり。

美白でも流行ってるのでしょうか?
そういえば、人間世界でもガングロ女子高生はいまや絶滅危惧種です。
もしやオハグロガイの世界でも、ガングロ個体は消える運命なんでしょうか(´・_・`)

ネジマガキ (スイショウガイ科)

00:14

Strombus gibberulus gibbosus
ネジマガキ-腹面

ネジマガキ-背面

白いマントをひるがえし、さっそうと現れた小太りなヒーロー?に見えなくもない?
得意技は早食い。
ネジマガキマン参上

見えません(^_^;)?

フランスのタイヤメーカー、ミシュランのキャラクターにも似てますよね。
ちなみに、ミシュランのキャラクターの本名はビバンダムというそうで、ミシュランマンは日本だけの愛称だとのこと。
またひとつ、無駄な知識をあなたに(o^皿^)

ちょっとだけまじめな話しをすると、
学名の3番目にきている亜種小名 gibbosus の意味は「コブのある」とか「突起のある」という意味があるそうです。
確かに縫合下の肩の所はデコボコしたコブ状になっています。

模様がはっきり残ったやつが欲しいところですが、マガキガイに比べ数は圧倒的に少ないようです。
私はまだ2個しか拾ったことがありません。

採集場所は恩納村の干潟。大きさ47mm。

オハグロシドロ (スイショウガイ科)

23:27

Strombus plicatus
オハグロシドロ-腹面

オハグロシドロ-背面

白い体にヒラヒラの袖を広げて、まるでジュディオングみたいです。
子供の頃シーツをかぶって「女は海~♪」とか歌いながら真似をしてたのを思い出してしまいました。
おっと、年がばれてしまったかな。お察しの通り、ベストテン世代です(o^皿^)>ニヒッ

全体的に白ですが、口の方が茶色くなってます。ほんとうなら真っ黒になるそうです。
それで「お歯黒」と名前に付けられている訳ですが、サンドポンプものでは全部真っ白になっていることもあるので要注意です。
なにしろ、コメント欄で指摘されるまでずっとコブシドロだと思ってたぐらい(T_T)。
背面の方も、もっと模様が出るようですね。上等品が拾えたらまた更新させてもらいます。

大きさ20mm。採集場所は東江の人工ビーチ。もちろんこれもサンドポンプもの。

マイノソデ (スイショウガイ科)

12:54

Strombus aurisdianae
マイノソデ-腹面

マイノソデ-背面

「この問題できるひとー」、「ハーイ」と手をあげる小学生のような口の突起が特徴的ですが、
ベニソデやウラスジマイノソデも同じようにハイ、ハイ手をあげているので、
マイノソデ君を指してあげるには他の特徴を見る必要があります。
見分けやすいのは背面の方で、この筋張っていてガッシリした殻が見分けるポイントでしょうかね。

勝手に小学生とか言ってますが、
和名は「舞の袖」だそうなので、和服の袖をヒラヒラさせながら踊る様をたとえたのが正解ですね。

種小名の「aurisdianae」の方ですが、図鑑によると「月の女神(Diana)の耳」という意味だそうです。
確かに耳の形にも見えますね。月の女神としたのはなにゆえなのか知りたいところです。

大きさ54mm。採集場所は瀬嵩の浜です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。