ナツメガイ (ナツメガイ科)

20:43

Bulla vernicosa
ナツメガイ-腹面

ナツメガイ-背面

ナツメといっても夏目雅子のナツメではなく、木の実の方のナツメだそうです。木の実ナナとも関係ないかな(*゚‐゚)たぶん。
ナナは蛇足でしたが、夏目雅子大好きでした。「鬼龍院花子の生涯」は最高です。西遊記とか。
話が戻りませんね(^_^)。

さて、ナツメ(棗)の実がイメージ出来なかったので、検索してみました。
結構似てますね。模様はもう少し薄くなりますが、これをもっと赤くした感じです。

ナツメガイは以前紹介したコナツメガイに比べると大きくなります。
写真のやつで大きさ27mm。手持ちの最大は3.5cmですが、大きくなると5cmにもなるそうです。
ちなみにコナツメガイは大きくて3cm程度だそうです。

見分けるポイントは、ナツメガイは殻表の白い模様がまだら状になりますが、
コナツメガイは白い模様は三角形で、先だけが黒くなります。
スポンサーサイト

コナツメガイ (ナツメガイ科)

22:07

Bulla punctulata
コナツメガイ-腹面

コナツメガイ-背面

大きさはナツメガイの方が大きくなるのですが(←5cm、コナツメは3cm)、
ぱっとみソックリだし小さいナツメガイもいるんでね。種類の判別は要注意です。
このグループにはさらにヒメナツメガイとかいうヤツもいるそうです。

コナツメガイの特徴は三角形の小斑紋があり、三角形は白く、先だけが黒くなる点で見分けられます。
(ただし、こんなにはっきり模様がでない場合もあるようです)

殻も結構堅いし、トゲとかよけいなものもついてないので、比較的綺麗な殻が落ちてます。

大きさは20mm。採集場所は最近いった瀬嵩の浜です。