--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コオニコブシ (オニコブシガイ科)

23:11

Vasum turbinellum
コオニコブシ-腹面

コオニコブシ-背面

コオニコブシ-殻頂

小鬼拳とはパンチのきいたネーミングですが、姿形もなかなか名前通り。
図鑑でさえもゴツイと説明しています。

コオニコブシガイには殻頂の高いタイプとほぼ平らなタイプがいるそうで、写真のやつは殻頂の高いタイプ寄りの個体です。
穴があいているのは、たぶん他の貝に襲われて開けられたんだと思います。

平らだったり、高かったりがあるぐらいなので、殻の形や色にもバリエーションがあるようで、
写真のようにトゲトゲが黒くてそれ以外が白いやつもいれば、その逆もあるようです。
トゲトゲももっと伸びて反り返ってるやつも。

大きさはは27mm。採集場所は泡瀬の海岸です。


(2012.10.14)
上の貝殻はあまりにもボロボロでしたね。
ちゃんとしたやつ載せないとと思いつつ長い間ほったらかしてたんですが、
やっと更新できました。
コオニコブシ02-腹面

コオニコブシ02-背面
大きさ45mm。
だいぶ前にいただいたもので、採集場所は沖縄本島というこで。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。